【必見!!】世界で初めて【甲州ワイン】で金賞受賞した【盛田甲州ワイナリー】の新ヴィンテージワインが販売開始!!世界と日本が認める【甲州ワイン】とは!?

最新ヴィンテージのワインの販売は、その年の秋から販売開始をします。
しかしながら、ワイナリーが展開しているワインすべてがそのタイミングで販売開始するわけではありません。
それは、ワインには発酵期間や熟成期間などが存在するからです。
葡萄を収穫後、半年熟成することで美味しさが生まれるワインであれば、9月に収穫したとしても、最短リリースでも3月になります。
つまり、必ずしも【収穫された年にすべてのワイン】が販売されるわけではありません。

そしてつい先日、【盛田甲州ワイナリー】から【新ヴィンテージワイン】の販売が開始されました。
特に興味深いのは、【IWC 2020】にて【金賞】を受賞した【グランシャンモリ】の新ヴィンテージではないでしょうか。
さて、どんな仕上がりになっているのでしょうか。紹介していきたいと思います。

【盛田甲州ワイナリー】とはどんなワイナリー!?

盛田甲州ワイナリーは、山梨県鳥にワイン造りの誇りと情熱と未来を乗せて飛翔するワイナリーと言うにふさわしいワイナリーだと思います。
盛田甲州ワイナリーの設立は1973年ですが、1973年設立とは思えない深い歴史がありました。
遡ること1881年、盛田甲州ワイナリーは愛知県の葡萄畑でワイン造りをしていました。しかし、フィロキセラのせいで葡萄は全く使い物にならなかったのです。そして、1度潰えた想いは日本のボルドーとも言われる「勝沼」で復活し、今にいたるのです。つまり、100年以上もの間にわたってワイン造りに携わっているワイナリーなのです。
背水の陣となるに至っていた盛田甲州ワイナリーのその後の勢いはすさまじいものです。【ワインは農産物】と言い聞かせ、醸造の過程での処理や調整を極力控え、葡萄がもつ本来の味をそのままボトリングするイメージで仕込み、素直な葡萄の風味を持つワインに仕上げています。その結果が、IWC金賞受賞です。

【祝!快挙!】日本初!盛田甲州ワイナリー【グラン・シャンモリ 甲州シュール・リー 2018】が【IWC:インターナショナル・ワイン・チャレンジ】にて金賞受賞!

山梨ワイン、日本ワインを支えているワイナリーの1つなのです。

  • ワイナリー名
    盛田甲州ワイナリー
  • 住所
    山梨県甲州市勝沼町勝沼2842
  • 電話番号
    0553-44-2003
  • ホームページ
    https://www.chanmoris.co.jp/

新ヴィンテージワイン販売開始!!

つい先日、【盛田甲州ワイナリー】から【甲州ワイン】の新ヴィンテージワイン2本が販売開始されました。
過去のヴィンテージでは、さまざまなコンクールで受賞しているワインです。どんなワインか、見逃せません。

グラン・シャンモリ 甲州シュールリー 2019

  • ワイン名
    グラン・シャンモリ 甲州シュールリー 2019
  • 品種
    甲州
  • タイプ
    白ワイン辛口
  • アルコール度数
    12%
  • 醸造方法
    低温発酵・シュール・リー製法
  • 価格
    税込1,870円
  • ワイナリーコメント
    勝沼町下岩崎地区「深澤農園」産の甲州を100%使用しています。
    ゆっくりと低温発酵後、シュール・リー製法にて約5ヶ月間、タンク内で鮮度をキープしながら、酵母由来の旨味成分を閉じ込めました。
    青りんごやカボス、バナナやハーブキャンディのような香りに、少しスモーキーなニュアンスを感じます。口当たりは軽やかで滑らかさを感じます。
    味わいにはオレンジのようなフルーツ感が豊かで、後味に上品な旨味とほろ苦さが残ります。2018年ヴィンテージよりも果実感や飲みごたえがアップしているワインに仕上がりました。食事と一緒だけではなく、ワイン単体としても十分楽しめることができるワインです。
    受賞歴
  • グラン・シャンモリ 甲州シュールリー 2018
    【英国インターナショナルワインチャレンジ 2020】 金賞受賞
  • 【祝!快挙!】日本初!盛田甲州ワイナリー【グラン・シャンモリ 甲州シュール・リー 2018】が【IWC:インターナショナル・ワイン・チャレンジ】にて金賞受賞!
  • グラン・シャンモリ 甲州シュールリー 2014
    【日本ワインコンクール 2015】 金賞・部門最高賞・コストパフォーマンス賞受賞
  • 購入はこちらから

    シャンモリ 柑橘香甲州 2019

  • ワイン名
    シャンモリ 柑橘香甲州 2019
  • 品種
    甲州
  • タイプ
    白ワイン辛口
  • アルコール度数
    12%
  • 生産本数
    7,600本
  • 価格
    税込1,760円
  • ワイナリーコメント
    山梨県甲州市勝沼町岩崎地区にて、栽培収穫した甲州葡萄を100%使用しています。また、この葡萄は、甲州らしさの【香り】を最大限に引き出すために特別に栽培された葡萄です。そのため、柑橘系のさわやかな香りを感じます。そして、味わいにはキリッと引き締まった酸味が、爽快感を感じさせてくれる辛口の白ワインに仕上がっています。
    受賞歴
  • シャンモリ 柑橘香甲州 2018
    【日本ワインコンクール 2019】 銀賞受賞
  • シャンモリ 柑橘香甲州 2016
    【日本ワインコンクール 2017】 金賞・コストパフォーマンス賞受賞
  • シャンモリ 柑橘香甲州 2015
    【日本ワインコンクール 2016】 金賞・コストパフォーマンス賞受賞
    【ジャパン・ワイン・チャレンジ 2016】 金賞・受賞
  • 購入はこちらから

    編集部コメント
    今回の新ヴィンテージ情報を見た瞬間、【早く飲んでみたい、取材してみたい】そんな想いが募ってきました。(自粛期間中ですので、我慢しています。)
    特に【グラン・シャンモリ 甲州シュールリー】に関してはぜひとも事細かに取材したいです。
    もちろん、企業秘密の部分もあるかと思いますが、IWCという世界的なコンクールで【世界初】の快挙を成し遂げたにも関わらず、ワインがアップデートされたように思えます。
    【葡萄】の状態、【醸造】方法に関して、【2018ヴィンテージ】とはどこを変えてきたのか、話を聞きながらテイスティングをしてみたいです。
    また【盛田甲州ワイナリー】では、【甲州ワイン】を複数販売しています。
    他の【甲州ワイン】と比較しながら飲んでみると、【違い】がより明確に体験できるのではないか、と思い非常に楽しみです。

    日本ワインコンクール】とは!?

    【日本ワインコンクール】は、【Japan Wine Competition】略して【JWC】として日本で最も大きいコンクールであり、信頼度のあるワインコンクールです。そして、国産原料葡萄を使った日本ワインの品質と認知度の向上を図ること、それぞれの産地のイメージと日本ワインの個性や地位を高めることを目的として、1年に1度開催されているコンクールになります。気になる第1回開催は2003年と、まだ日が浅いように思えますが、日本国内でのワインコンクールイベントとしては、歴史の古いコンクールの1つです。

    【2019年版 JWC結果発表!!】日本ワインコンクール2019で受賞した【甲州ワイン】を一挙大公開!!【前編】
    日本ワインコンクール2020の開催に関して
    【日本ワインコンクール2020】は、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大の影響により、延期も含めた開催の可否を検討していました。しかしながら、日本ワインコンクールの開催に必要不可欠となる【外国人審査員の招聘】そして【関係者、ワイナリー醸造家の安全面】を考慮した結果、【日本ワインコンクール2020】の開催は、延期ではなく、中止になりました。

    ジャパンワインチャレンジ】とは!?

    【ジャパンワインチャレンジ】は【日本ワインコンクール】と双璧をなすワインコンクールです。また、【ジャパンワインチャレンジ】は小売業界との関わりに重きを置き、市場そして消費者に向けて広く役立つ情報の提供を目的に1年に1度、秋のシーズンに開催されています。その歴史は、1997年設立と日本で最も古く、まさに日本のワイン文化の礎を築いたコンクールといえます。この結果を知らずして、【日本ワイン】そして【山梨ワイン】は語れません。

    【2019年版 JWC結果発表!!】ジャパンワインチャレンジ2019で受賞した【甲州ワイン】を一挙大公開!!【後編】
    ジャパンワインチャレンジ2020の開催に関して
    【ジャパンワインチャレンジ2020】は、2020年5月11日時点で開催予定になっています。
    エントリーは【2020年3月1日】より開始しています。エントリー期限は、【8月14日】サンプルワイン送付期限は、【8月21日】になっています。
    そして、ジャパンワインチャレンジ2020の開催は【2020年9月15日〜9月17日】に実施予定です。

    IWC インターナショナル・ワイン・チャレンジ】とは!?

    インターナショナル・ワイン・チャレンジは、1984年から始まったワインコンクールです。
    そして、2014年からは年2回の出品チャンスを設けるように変更されています。コンテストは2週間にわたって行われ、大会は三回戦まであります。
    最初はブラインド・テイスティングから始まり、300人の審査員によってテイスティングを受けます。審査結果で100点中84点以上を獲得すれば二回戦へ進出できます。
    毎年、15,000品以上が出品され、金賞以上の受賞銘柄は数%のため【最も金賞を取ることが難しい世界的アワードの一つ】と呼ばれています。

    世界で最も優れたワイン!? 《ワイン界のオリンピック!?「IWC」とは!?》
    MEMO
    新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、毎年開催されているコンクールイベントに影響がでています。
    2020開催状況に関しては、こちらをご覧ください。

    【ワイン業界激震】日本最大級ワインコンクールの1つ【日本ワインコンクール(JWC)2020】が中止を決定。気になる他のワインコンクールイベントの実施可否は!?

    関連情報

    山梨ワインドットノム編集部 おすすめ記事

    山梨ワインドットノムが自信を持ってお届けしている記事です♪
    特に…
    山梨ワイン パーフェクトガイド
    【必見】山梨ワイン完全ガイド!世界で認められている、山梨ワインとはどんなワイン!?これを読めば、山梨ワインがわかる。山梨ワインのことは、山梨ワインドットノムにお任せ!

    山梨ワイナリー データベース 2020
    【困ったらドットノム!2020年最新版】山梨県のワイナリー完全マップ!山梨県に新たに誕生したワイナリー、2020年新設予定のワイナリーも一挙に紹介!!

    非常に参考になると思います♪
    ぜひ、みなさんの山梨へ観光する際のお供に!!

    山梨ワインドットノム編集部は、【自称山梨ワイナリー観光大使】を役職に【醸造家徹底応援!】を掲げ活動をしております。
    素人だからこそ感じる、ワインに対しての率直な感想を始め、ワインの基礎知識、山梨の美味しいお店などの情報を案内します。
    情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、各ワイナリーサイトの情報をご確認下さい。
    各ワイナリーへのお問い合わせは、各ワイナリーサイト記載された方法でお問い合わせ願います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です