【ワイン選びならドットノム!!】コンビニやスーパーでのワイン選びを助ける!?【デザイナー】が【山梨ワイン】を【ラベルデザイン】で選んでみた!!選ばれた【山梨ワイン】を徹底紹介!!

【おうち時間】の相棒として、【ワイン】を飲む人も多いのではないでしょうか。
ただ、コンビニやスーパーに足を運ぶと多くのワインが棚に並んでいて、なにを選んでいいのかわからないという声もたくさん聞きます。
ワインは人によって感じ方が様々なので、【これを見れば失敗しない!!】そんなことは絶対にありません。
もちろん、【産地】【醸造家】【品種】【ワインのタイプ】【一緒に食べる食事】など一般的に参考にすべきものはあります。
しかし、【ラベルデザイン】だけで判断する人は少ないのではないでしょうか。

今回は、山梨ワインドットノム完全主観企画になります。山梨県のワイナリーの全ECサイトを【デザイナー】が見た中で、【ラベルデザイン】でワインを選んでみました。
毎日ワインで晩酌をしている人や、週末ワインを楽しんでいる人にオススメです。一風変わった選択で、お気に入りとなるワインに出会えるかもしれません。
さて、どんなワインが選ばれるのでしょうか。

【徹底紹介!!】ラベルデザインで選ばれた【山梨ワイン】第4選!!

では一体、どんな【デザイン基準】をもとに選ばれているのでしょうか。

  • ラベルデザインが傑出しているもの
  • ラベルデザインが他のワイナリーとは類似しておらず、独創的なもの
  • ラベルデザインから【期待感】を感じさせてくれるもの

これらの基準を元に4ワイナリーから選出をしています。
ぜひ、これからの【おうち時間】のお供としての【ワイン】を選ぶ基準の参考になれば幸いです。

フラワーラベルシリーズ@四恩醸造

まず、最初は【四恩醸造】になります。
四恩醸造の中で【このワインのデザイン!!】ということではありません。
【フラワーシリーズ】自体が、どのワイナリーも真似できない【ラベルデザイン】になっていると思います。

  • ワイン名
    マーガレット
  • 品種
    甲州
  • タイプ
    辛口
  • ワイン名
    カサブランカ
  • 品種
    甲州、プチマンサン、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ
  • タイプ
    辛口
  • ワイン名
    希望
  • 品種
    ソーヴィニヨン・ブラン、プチマンサン、シャルドネ
  • タイプ
    辛口
  • ワイン名
    薔薇
  • 品種
    マスカットベーリーA、メルロ
  • タイプ
    ライトボディ
  • ワイン名
    カサブランカ
  • 品種
    マスカットベーリーA、メルロ
  • タイプ
    ライトボディ
  • ワイン名
    向日葵
  • 品種
    巨峰
  • タイプ
    辛口
  • デザインポイント
    今回選出をした大きな理由は、【デザインのオリジナリティの高さ】です。
    実際にお話を伺いましたが、このラベルデザインは四恩醸造に飾られている【油彩画】が元々のデザインとなっています。
    細かいところまで神経の行き届いた、素晴らしい絵だと思います。
    これは、他のワイナリーが真似することはほぼできない特長の1つであることは間違いありません。
    まさに【個性あふれる、独創的なデザイン】ではないでしょうか。
    編集長ポイント
    四恩醸造のワインから非常に大切なことを教わりました。それは、ワインにおける酸味の重要性です。
    【ワインの酸味には食事の輪郭を際立たせる】
    これは、テイスティングをご一緒させてもらったからこそ痛感できたことだと思います。四恩醸造ワインは、フルボディ系が好きな私からすると、少し【物足りなさ】を感じました。
    しかし、非常に【飲みやすい】ため、翌日が仕事のときの晩酌ワインとしては最適だと思います。
    また、ワインをあまり知らない友人を家に呼んだときなどに、振る舞うとラベルもおしゃれなのでいいと思いました。

    【四恩醸造】とは!?

    【四恩醸造】は、一般公開を原則実施していないワイナリーです。
    元々は、学校法人四恩学園の自然教育拠点として、【葡萄畑の栽培】を中心に取り組んでいました。
    それから約20年後の2007年に、四恩醸造は【ワイン事業】に本格的に参入をします。
    その参入背景には、【巨峰を中心とした葡萄の美味しさをより多くの家庭に届けたい】そんな想いがありました。
    編集部も取材をした際、言葉だけでは伝えきれないだろうと感じるほど【自社畑の巨峰がめちゃめちゃ美味しい】と語ってくれました。
    高級葡萄でもある【巨峰】だけでなく、【甲州】そして山梨県では珍しい【プチマンサン】などを使ってワイン造りをしています。
    そんな四恩醸造が造るワインは、【ワイン初心者】でも飲みやすい【辛口ワイン】です。
    実際に、編集部メンバーやその身内がお正月に飲ませてもらいましたが、あっという間になくなってしまいました。
    もちろん、ワイン好きの人は【軽い】と言っていましたが、四恩醸造は、【辛口でありながらも、飲みやすいライトタイプ】を意図して造っているので当然です。
    実際に、ワインがなくなっているのですから、【食に合う辛口ワイン】であることは間違いありません。
    癖になってしまう心地よさを提供してくれている四恩醸造ワインですが、非常に稀有なワインですので見つけたら是非手に取ってみてほしいです。
    ラベルデザインが特徴的なので、見かけたらすぐにわかると思います。

    ジャパニーズスタイルシリーズワイン@アルプスワイン

    続いて、【アルプスワイン】になります。
    こちらもワイン単品ではなく、【ジャパニーズスタイル】シリーズになります。

  • ワイン名
    ジャパニーズスタイルワイン甲州
  • 品種
    甲州
  • タイプ
    辛口
  • ワイン名
    ジャパニーズスタイルワインデラウェア
  • 品種
    デラウェア
  • タイプ
    辛口
  • ワイン名
    ジャパニーズスタイルワイン ベーリーA
  • 品種
    マスカットベーリーA
  • タイプ
    辛口
  • デザインポイント
    非常にシンプルなデザインになっていますが、そのシンプルさの中に【奥深さ】を感じます。
    中央に位置するサークルデザインが非常に深い味わいを表現しています。
    【ラベル全体】を見渡すと【日本国旗】のように感じませんか?また、サークルデザインが【葡萄1粒】を表しているように感じませんか?
    このように、【シンプル】でありながらも【ラベル全体】を見ると、いろいろな見え方を感じるデザインになっているのが魅力的に感じました。

    【アルプスワイン】とは!?

    1962年創業の【アルプスワイン】。
    元々お米や肥料を扱う問屋を営んでいましたが、創業者が大のお酒好きであったが故、次第にワイン造りに興味を持ち始めます。
    その結果、当時地域の農家の人々が運営していた「御代咲醸造」を引き取り、アルプスワインの歴史が始まりました。
    驚くべきことは、【好きを仕事にし、成功している】ということです。
    実際に、数多あるマスカットベーリーAワインの中では【アルプスワイン】が【最も美味しい】と編集長は言っているほどです。

    しかし、今日に到るまでの努力、試行錯誤の繰り返し。そして、着実に1つ1つの壁を乗り越えてきたことがワイナリーからは感じ取れます。
    ぜひ、足を運んでいただきたいワイナリーの1つです。

    • ワイナリー名
      アルプスワイン
    • 住所
      山梨県笛吹市一宮町狐新居418
    • 電話番号
      0553-47-0383
    • ホームページ
      http://www.alpswine.co.jp/

    オルロージュ@サドヤワイナリー

    そして、【サドヤワイナリー】になります。
    こちらはシリーズというより、ワイン単体に近いイメージです。

  • ワイン名
    オルロージュ 白
  • 品種
    甲州、ソーヴィニョン・ブラン
  • タイプ
    辛口
  • ワイン名
    オルロージュ 赤
  • 品種
    マスカット・ベーリーA、カベルネ・ソーヴィニヨン
  • タイプ
    ミディアムボディ
  • デザインポイント
    【オルロージュ】とは、フランス語で時計、時間の意味を表す言葉です。
    まさに、ワインの大切な要素を見事に【おしゃれ】に細部まで表現できていると感じました。
    ワインには、【ヴィンテージ】があります。つまり、時がそのワインの出来、味、評価に繋がる一要素だということです。
    さらに、ワインには熟成期間やセラーで寝かせておく期間などもあります。【いつ飲むのが、最適なのか】ワクワクドキドキさせてくれるデザインになっていると感じます。
    そして、ヴィンテージ表記の中にも【時計】が表現されています。見落としそうな細かい面にまで、時が刻まれている、素敵なデザインです。

    【サドヤワイナリー】とは!?

    サドヤは、日本で初めてワイン専用の葡萄品種でワインを醸したワイナリー、と言われています。
    創業は1917年まで遡ります。サドヤ洋酒店の6代目今井氏が、本格的なワインの製造を目指し、「サドヤ醸造場」作ったのです。
    農場を開墾するまでの間は、勝沼の葡萄園と契約し、契約農家の人たちが作る葡萄を原料に、「甲鐵天然葡萄酒」を商標とするワインを造っていました。
    創業から約20年後の1936年。甲府市善光寺町に自家農園を、ついに開墾!!
    当時の日本は、甘口ワインが主流だったにも関わらず、フランスから導入したワイン醸造用葡萄の苗木を植え、栽培に成功した葡萄を使い、本格辛口ワインの製造を開始したのです。
    そして、2007年に「株式会社サドヤ醸造場」から「株式会社サドヤ」へと社名を変更し現在に至ります。

    今日、知名度・味ともに山梨を代表するワイナリーの一つでもあるサドヤワイナリー。
    またブライダル、レストランも兼ね備えており、山梨県を代表する会社でもあるのです。
    そんなサドヤが考えるワインは、「食」との結びつきを大切にしています。
    「優しく上品な味わいの追求」。これこそまさに、サドヤワインの特徴です。
    突出した個性は考えず、ゆっくりと料理とともに楽しめるワインを目指しているのです。
    若いワインの魅力よりも「10、20、30年と熟成を楽しめる」こともサドヤの特徴でもあります。

    編集長がオススメする赤ワイン第2位『RUBY』を製造しているワイナリーでもあります。

    • ワイナリー名
      サドヤワイナリー
    • 住所
      山梨県甲府市北口3-3-24
    • 電話番号
      山梨県甲府市北口3-3-24
    • ホームページ
      https://sadoya.co.jp/

    グランシャンモリ 甲州 シュール・リー@盛田甲州ワイナリー

    最後は、【盛田甲州ワイナリー】の【グランシャンモリ 甲州 シュール・リー】です。
    IWC(インンターナショナルワインチャレンジ)2020でも金賞を受賞している実績もあるワインになります。

    MEMO
    【甲州ワイン】としては、IWC金賞は世界初の快挙になります。
    【祝!快挙!】日本初!盛田甲州ワイナリー【グラン・シャンモリ 甲州シュール・リー 2018】が【IWC:インターナショナル・ワイン・チャレンジ】にて金賞受賞!
  • ワイン名
    グランシャンモリ 甲州 シュール・リー
  • 品種
    甲州
  • タイプ
    辛口
  • デザインポイント
    このワインを選出した大きなポイントは【シンプルなデザインから感じられる高級感】です。このボトルデザインを目にしたときに、目にラベルが吸い込まれていく感覚を感じました。
    高級感や強調と聞くと、目立たせることを考えて情報整理などがうまくできていないものが多いですが、バランスが絶妙に良いです。
    また、ラベルのメイン背景となっている色も【ブラックグリーン】となっています。この工夫も素敵です。
    そして、ラベルの形も【長方形】ではなく、【四隅】が削られています。
    見事なデザインだと思います!
    ワイナリーコメント
    厳選した山梨県甲州市勝沼町産の葡萄を使用しゆっくりと低温発酵後、シュール・リー製法にて約6ヶ月間、タンク内で鮮度をキープしながら、酵母由来の旨味成分を閉じ込めました。和柑橘の繊細な香りの中に、ニッキやメントール、白胡椒、そして酵母由来のイースティーな香りを感じます。口当たりは滑らかで、八朔のような果実の甘みと酸味が瑞々しく、後味に感じる柑橘の薄皮のようなほろ苦さがアクセントになっています。繊細さの中にも上品な旨味を感じる、甲州種の魅力を見事に表現したワインです。
    原料に使用している葡萄の収穫は、10月初旬の糖度・酸度共に凝縮度が高い時期に行い、発酵期間は低温でゆっくりと約45日間をかけて丁寧に行なっております。
    シュール・リー製法の工程であるバトナージュ(定期的なワインと澱の攪拌)も回数を多く実施すること(ワインの状態を見ながら)により、ワインそのものの旨味と厚みは十二分に発揮されています。今後もビン内熟成が進む事により非常に楽しみなワインです。

    【盛田甲州ワイナリー】とは!?

    盛田甲州ワイナリーは、山梨県鳥にワイン造りの誇りと情熱と未来を乗せて飛翔するワイナリーと言うにふさわしいワイナリーだと思います。
    盛田甲州ワイナリーの設立は1973年ですが、1973年設立とは思えない深い歴史がありました。
    遡ること1881年、盛田甲州ワイナリーは愛知県の葡萄畑でワイン造りをしていました。しかし、フィロキセラのせいで葡萄は全く使い物にならなかったのです。そして、1度潰えた想いは日本のボルドーとも言われる「勝沼」で復活し、今にいたるのです。つまり、100年以上もの間にわたってワイン造りに携わっているワイナリーなのです。
    背水の陣となるに至っていた盛田甲州ワイナリーのその後の勢いはすさまじいものです。
    【ワインは農産物】と言い聞かせ、醸造の過程での処理や調整を極力控え、葡萄がもつ本来の味をそのままボトリングするイメージで仕込み、素直な葡萄の風味を持つワインに仕上げています。その結果が、IWC金賞受賞です。
    山梨ワイン、日本ワインを支えているワイナリーの1つなのです。

    • ワイナリー名
      盛田甲州ワイナリー
    • 住所
      山梨県甲州市勝沼町勝沼2842
    • 電話番号
      0553-44-2003
    • ホームページ
      https://www.chanmoris.co.jp/

    【番外編!!】ボトルデザインが【かわいい山梨ワイン】紹介!!

    さて、いかがでしたでしょうか。最後に、通常ではワインボトルは【ボルドー型】や【ブルゴーニュ型】が多く利用されているように思えます。
    しかし【女性向きワイン】や【優しい甘口ワイン】を表現するために、【ボトルデザイン】にも工夫されているケースがあります。
    今回は、【ボトルデザイン】が【かわいいデザイン】となっている【山梨ワイン】を2本紹介したいと思います。

      女性へのプレゼントにオススメです!!

    フリージングワインシリーズ@蒼龍葡萄酒

    デザインポイント
    このワインボトルは、蒼龍葡萄酒に訪問したときに【一目惚れ】しました。それほど、デザインがかわいく、女性へのプレゼントとしてスマート!!と感じました。
    同時に、ラベルデザインも高級感があり、非常に個性的なデザインボトルだと思います。
    ワイナリーコメント
    甲州葡萄果汁を凍結濃縮させ、32度もの高糖度状態で発酵を行いました。そのおかげで、芳香な香りと凝縮した深みのあるコクを醸し出した甘口ワインに仕上がっています。
    ワイナリーコメント
    山梨県産マスカット・ベーリーAの果汁を冷凍濃縮し、無補糖にて醸造した甘口の赤のデザートワインになります。芳醇な香りと深みのあるコクが特徴的な甘口ワインに仕上がっています。
    編集長コメント
    香りは強いマスカットベーリーAだと感じられます。さらに甘さも伝わってきます。まず味覚として感じられるのは甘さです。その後に、程よい酸味が感じられます。後に残るマスカットベーリーAの果実味のようなものはなく、甘いのに余韻はスッキリとしています。フリージングワイン甲州と比べながら飲むのも面白そうです!!
    副編集長コメント
    こちらもスタイリッシュなボトルデザインを裏切る、濃い色調になっています。香りからはマスカットベーリーA特有の甘い香りがいやらしく誘ってきます。口当たりは、葡萄ジュース。そして、香りを裏切らない甘口です。後味としても嫌な甘さがないので飲みやすいです。ただ、食事との愛称は悪そうです。
    編集長 評価
    酸味
    (3.5)
    甘味
    (4.5)
    果実味
    (2.5)
    渋み
    (2.0)
    複雑さ
    (2.5)
    リセマラレベル
    (4.0)
    総合評価
    (4.0)
    副編集長 評価
    酸味
    (2.0)
    甘味
    (4.0)
    果実味
    (3.0)
    渋み
    (2.5)
    複雑さ
    (3.0)
    リセマラレベル
    (3.5)
    総合評価
    (1.0)

    【フリージングワイン 甲州】の購入はこちらから

    【フリージングワイン マスカットベーリーA】の購入はこちらから

    【プレゼントに最適! !】女性向けの【山梨ワイン】を6本飲み比べしながら『Netflix』を語ってみた!!編集部が選ぶ【女性向け山梨ワイン】の評価とは!?【山梨ワイン編集部企画】

    【蒼龍葡萄酒】とはどんなワイナリー!?

    蒼龍葡萄酒の創業は1899年にまで遡ります。まさに、日本のワイン醸造の歴史とほぼ同じ歳月を過ごしてきたワイナリーと言っても過言ではないでしょう。
    そして非常に興味深いことに、蒼龍葡萄酒の【創業家】は日本のワイン造りの礎を築いた【高野正誠】と【土屋龍憲】と親戚関係にあたるそうです。
    なるべくして【ワイナリー】になった、運命的なものを感じるワイナリーでもあります。
    そんな蒼龍葡萄酒の名前にある【蒼龍】。凛々しく、逞しい漢字が使われています。
    この漢字には、蒼龍葡萄酒の【願い】が込められているのです。
    【蒼龍】とは、中国の故事になる東西南北の守護神の中で、幸せを呼ぶ神と言われている【東を守る神様】です。
    【甲府盆地の東部】にある【甲州勝沼】で【山梨ワイン】の【蒼龍葡萄酒】のワインの歴史と伝統を守ってくれるよう、想いが込められているのです。

    Regalo felice@Cantina Hiro

  • ワイン名
    Regalo felice
  • ワイン詳細
    甲州
    マスカットベーリーA
    巨峰極甘
    巨峰辛口
  • デザインポイント
    このボトルデザインは、他のワイナリーでは見ていないデザインになります。ワインは、多くのワインと飲み比べをすることで【学び】があります。
    そして、なによりこのボトルデザインの魅力は、キャップが【ハート】になっている点、そして4本のボトルキャップを揃えることで【ハート】が【四つ葉のクローバー】に変わる点ではないでしょうか。私たちの心に訴えかける【心温まる】デザインになっています。
    ワイナリーコメント
    Regalo feliceは、イタリア語で【幸せの贈り物】を意味する言葉です。
    【いろいろな想いを込めて、大切な人にプレゼントしてほしい】とした願いから、この最小ワインボトルが生まれました。
    大切な方への想いを【告げる、伝える、込める、詰める】そういった心のこもった贈り物として最適です。
    ワインの種類は、赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、甘口ワインと贅沢な4種類が揃っています。
    編集長コメント
    バラエティ豊かなな4本セットです。【Regalo felice】には【ワインの種類】【ワインボトルデザイン】【ワインの容量】などに工夫を感じます。
    ワインには、日本を代表する【甲州】【マスカットベーリーA】だけでなく、【巨峰】の【甘口】【辛口】をセットされています。食用葡萄として有名な【巨峰】は、あまりワインとしては知られていませんが、実は非常に贅沢なことなのです。さらに、その巨峰を2タイプ用意されているので、ワインの楽しみ方や感じ方などを十分に学べそうです、また、ボトルを重ねると、【四つ葉のクローバー】が出来上がります。【幸せ】を運んでくるワインとして、心も満たされます。また、【ワインの容量】も飲み比べができるよう、低容量になっています。お酒が弱い人でも、楽しめるワインになっています。

    ワインの購入はこちらから

    【プレゼントに最適! !】女性向けの【山梨ワイン】を6本飲み比べしながら『Netflix』を語ってみた!!編集部が選ぶ【女性向け山梨ワイン】の評価とは!?【山梨ワイン編集部企画】

    【Cantina Hiro】とはどんなワイナリー!?

    【Cantina Hiro】の【Cantina】とはイタリア語で【小さなワイナリー】の意味を持つ言葉です。
    イタリア語が社名に使われているように、Cantina Hiroの目標は【牧丘を日本のBaroloにすること】です。
    【Barolo】とは、イタリアを代表するワインブランドで、【ワインの王】と呼ばれています。
    つまり、【Cantina Hiro】は、日本における【ワインの王】を目指し、日々ワイン醸造と向き合っているワイナリーなのです。

    そんな【Cantina Hiro】は2014年創業設立、そして、ワイナリー最初のワインは、2017年にリリース。にも関わらず、ワイン雑誌【ワイン王国】7月号(2019年6月5日発売)の特集【110人が選ぶ168本 日本ワイン総選挙】にて【Cantina Hiro】のワインは選出されているのです。歴史が浅いからという理由で【ワイナリー訪問】や【ワイン購入】などを後回しにすることのできない【ワイナリー】であることは間違いありません。

    関連情報

    山梨ワインドットノム編集部 おすすめ記事

    山梨ワインドットノムが自信を持ってお届けしている記事です♪
    特に…
    山梨ワイン パーフェクトガイド
    【必見】山梨ワイン完全ガイド!世界で認められている、山梨ワインとはどんなワイン!?これを読めば、山梨ワインがわかる。山梨ワインのことは、山梨ワインドットノムにお任せ!

    山梨ワイナリー データベース 2020
    【困ったらドットノム!2020年最新版】山梨県のワイナリー完全マップ!山梨県に新たに誕生したワイナリー、2020年新設予定のワイナリーも一挙に紹介!山梨ワイン、山梨ワイナリーのことは山梨ワインドットノムにお任せ!

    非常に参考になると思います♪
    ぜひ、みなさんの山梨へ観光する際のお供に!!

    山梨ワインドットノム編集部は、【自称山梨ワイナリー観光大使】を役職に【醸造家徹底応援!】を掲げ活動をしております。
    素人だからこそ感じる、ワインに対しての率直な感想を始め、ワインの基礎知識、山梨の美味しいお店などの情報を案内します。
    情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、各ワイナリーサイトの情報をご確認下さい。
    各ワイナリーへのお問い合わせは、各ワイナリーサイト記載された方法でお問い合わせ願います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です