【数量限定!!】山梨の大御所ワイナリー【サントリー登美の丘ワイナリー】から新ヴィンテージワインが新発売!!名門家【ロスチャイルド家】とのコラボワインも登場!!

みなさんは、首を長くして待っている日はありますか?
【Apple製品の新作】【気になる漫画の発売日】【大好きなソーシャルゲームの周年ガチャ】【Nintendo Switchが再販される日】など人によって様々でしょう。
もちろん、山梨ワインドットノムも日々、【楽しみにしている日】は増えています。【山梨ヌーボーの日】【新ヴィンテージ発売日】など、まだかまだかと待ちに待っています。そこで今回は、ついに発表された【サントリー登美の丘ワイナリー】の新ヴィンテージワイン、そして【ドメーヌ バロン ド ロートシルト ラフィット社】とのコラボシリーズ【デュオ ダミ シリーズ】の新作を紹介します。
発売日は6月23日になります。ぜひ、カレンダーでチェックしておきましょう!!

【サントリー登美の丘ワイナリー】とはどんなワイナリー!?

1909年の開園から一世紀以上も経っている、『サントリー登美の丘ワイナリー』。

今では、多くの人に愛されている名前ですが、【サントリー】と【登美の丘】はあまり名前に連動性がないように思えます。
ワイナリーの名前となっている【登美の丘】はどこから由来しているのでしょうか。
それは、ワイナリーが位置している場所が由来になっていました。
サントリー登美の丘ワイナリーに足を運んでいただくと、誰もが【納得】できる光景がありました。
登美の丘ワイナリーにある丘を【登】ると【美】しい景観が、私たちの眼前に広がっています。
【登って美しい】これが【登美の丘】と呼ばれている理由なのです。

私たち訪問者の心に【安らぎ】を与えてくれる自然を持つ【サントリー登美の丘ワイナリー】は、広大な自家葡萄畑を所有し、【土造り】から真摯に【葡萄造り】と向き合い、瓶詰めされるまで一貫したワイン造りをしているワイナリーです。

サントリーの顔となるワイナリーシリーズ

では、【サントリー登美の丘ワイナリー】はどんなワインを展開しているのでしょうか。
現在、中心となっているのは3つのシリーズあります。

  • 【登美の丘ワイナリー】シリーズ
  • 【塩尻ワイナリー】シリーズ
  • 【ジャパンプレミアム】シリーズ

「登美の丘ワイナリー」シリーズ

山梨県のワイナリーで主に造られているワインシリーズです。頑なに土からつくりあげる「自園産葡萄100%」ワインです。

「塩尻ワイナリー」シリーズ

長野県のワイナリーで主に造られているワインシリーズです。日本の赤の可能性を拓く「長野県産葡萄100%」ワインです。
必見なワインは、【ミズナラ樽ワイン】になります。樽までも日本産にこだわっているワインです。

「ジャパンプレミアム」シリーズ

日本ワインでしか表現できない【産地】×【品種】の可能性への挑戦したシリーズです。

サントリーオフィシャルムービー

サントリーの登美の丘ワイナリーが動画でみることができます。
遠方の方、ぜひ見てみてください。行きたくなります。

サントリー登美の丘ワイナリー ベーシックムービー編

収穫編

ワイン醸造編

土壌編

ワイナリー景観編

醸造チーム紹介編

葡萄栽培チーム編

2020年6月販売開始!!新ヴィンテージ情報公開!!

そして、2020年6月に【サントリー登美の丘ワイナリー】から新ヴィンテージワインが5本と世界的名門ワイナリーとのコラボをした【特別なワイン】が販売されます。
どんなワインが販売されるのか、紹介します。

登美 赤 2016

  • ワイン名
    登美 赤 2016
  • 品種
    甲州
  • タイプ
    辛口
  • ワイナリーコメント
    近隣農家の甲州葡萄のみをシンプルに醸造した白ワインになります。
    ボリュームは中庸ながら、香りと味わいのバランスがとれたデイリーワインに相応しい仕上りとなっています。

    過去のヴィンテージ購入はこちらから

    登美 白 2018

  • ワイン名
    登美 白 2018
  • 品種
    シャルドネ
  • タイプ
    辛口
  • ワイナリーコメント
    洋なしやパイナップルなどの華やかな香りと、ビスケットやローストしたアーモンドのような香ばしい香りが特長です。
    やわらかで滑らかな口当たりの後に、香りと味わいが徐々に口中に広がり、長く余韻として残ります。
    編集部コメント
    山梨ワインドットノムでも、【登美】の【白】や【赤】はまだ飲めていません。
    しかしながら、【期待感】が抜群に高いワインであることは間違いありません。
    自社畑100%の葡萄品種を使い造り上げている2本のタイプですが、それぞれ金額は15,000円を超えます。
    「ウッ」と感じてしましますが、やはり【どんな味なのか】非常に気になります。
    ヴィンテージ年数も抜群に古いわけではありません。そのため、相当厳しい基準の上で篩に掛けられた葡萄を使ったワインと予想ができます。
    ぜひ、同メーカーの【ジャパンプレミアムシリーズ】や【他の山梨ワイナリー】と同品種飲み比べ検証をしたいところですね。

    過去のヴィンテージ購入はこちらから

    登美の丘 赤 2018

  • ワイン名
    登美の丘 赤 2018
  • 品種
    メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・ヴェルド、カベルネ・フラン
  • タイプ
    ミディアムボディ
  • ワイナリーコメント
    さくらんぼ、ざくろ、フランボワーズのジャムのような甘酸っぱいフルーツの香りと、ブラックペッパーなどの香りが感じられます。
    やさしい口当たりと華やかな香りの中に、かすかにチョコレートのような樽香が感じられます。
    編集部コメント
    【登美の丘 赤】も実は試飲をしたことがないワインになります。
    ただ、この赤ワインの気になって仕方がないところが1つあります。それは、使用している葡萄品種の組み合わせです。
    メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・ヴェルドを使ったワインは何度も試飲をしたことがあるので、味の想像が少しつきます。
    しかしながら、それらの葡萄品種に加えて【カベルネ・フラン】と聞くと、【お、どんな味だ!?】と気になって仕方がありません。
    もちろん、全く香りや味などに変化を感じない人もいるかもしれませんが、【サントリー】が敢えて【カベルネ・フラン】を使っていると考えると
    きっと何かがあるのだろう、とワクワクしてたまりません。

    過去のヴィンテージ購入はこちらから

    登美の丘 甲州 2019

  • ワイン名
    登美の丘 甲州 2019
  • 品種
    甲州
  • タイプ
    辛口
  • ワイナリーコメント
    柑橘や、白桃のシロップ漬けのような爽やかな香りと、フレッシュな酸味が特長です。
    口中に広がるイタリアンパセリのような心地よい香りがやさしい余韻として感じられます。
    編集部コメント
    香りから甲州、樽の甘い香りが感じられます。比較的、【酸味】や【苦味】が強く感じられます。
    そのため、極辛口に近いタイプに感じました。余韻として樽香が残ったあと、若干酸味苦味が残ります。
    【ワイン好き】人や【ワインを飲み比べ】するときに向いているワインだと思います。

    過去のヴィンテージ購入はこちらから

    登美の丘 シャルドネ 2019

  • ワイン名
    登美の丘 シャルドネ 2019
  • 品種
    シャルドネ
  • タイプ
    辛口
  • ワイナリーコメント
    パイナップル、あんずなどの香りの後に穏やかな樽香が感じられます。
    やわらかな口当たりと凝縮した果実感、穏やかな酸味の余韻が特長です。
    編集部コメント
    香りは、シャルドネらしい甘く優しい【南国感】を感じます。
    甲州と比べると、葡萄品種による香りの違いが明確にわかるでしょう。
    ただ、樽感は優しく仄かであるため、【樽好き】の人はもっと要求するかもしれません。
    しかし、【果実感】や【酸味】はバランスがよく心地よく飲めました。

    過去のヴィンテージ購入はこちらから

    超絶レア情報!!【デュオ ダミ シリーズ】の新作が登場!?

    【デュオ ダミ シリーズ】とは、日本ワインの新たな可能性の開拓を目指し、【ドメーヌ バロン ド ロートシルト】の醸造家と【サントリー登美の丘
    ワイナリー】の醸造家が共同で造り上げたアッサンブラージュワインになります。その第一弾が【2011年】に販売されました。そして3年の月日を経て【2014年】に第二弾が、さらに翌年【2015年】が販売されました。
    今回、連続ヴィンテージとして【2016年】が数量限定で販売開始されます!!

    一見、【コラボワインか】と思う人もいるかもしれませんが、【コラボワイナリー】が超絶レアですごいのです!!

    デュオ ダミとは!?
    フランス語で【友好の二重奏】を意味し、両社の絆から生まれるワインであることを表現しています。

    ドメーヌ バロン ド ロートシルトとは!?

    では、【サントリー登美の丘ワイナリー】がコラボした【ドメーヌ バロン ド ロートシルト】とはどんなワイナリーなのでしょうか。

    世界には、何千ものワイナリーが存在します。その中でも、【シャトー ラフィット】はグランクリュ第1級の第1位に位置づけされています。
    つまり、ワイン界の玉座にいるのが【シャトー ラフィット】なのです。その【シャトー ラフィット】をフランス系のロスチャイルドが競売で落札をし、【シャトー ラフィット ロートシルト】と命名、そして今では【ドメーヌ バロン ド ロートシルト ラフィット】の名前で世界に名を轟かせているワイナリーです。

    グランクリュとは!?
    優れた、高品質なワインを意味する言葉です。

    さらに、ロスチャイルド家にはイギリス系の一族もあります。それが、【シャトー・ムートン・ロートシルト】です。
    【シャトー・ムートン】は、ほとんどの人が聞いたことあるワインではないでしょうか。
    ダウンタウンの浜田雅功さんがMCをする【格付けチェック】でも登場したことのある【超高級】ワインの1本です。そんなワイナリーとコラボをしているシリーズが【デュオ ダミ シリーズ】なのです。

      【デュオ ダミ シリーズ】ができるまでの【様子】はこちらから読むことができます。

    ジャパンプレミアム デュオ ダミ スペシャル アッサンブラージュ 2016

  • セット名
    ジャパンプレミアム デュオ ダミ スペシャル アッサンブラージュ 2016
  • 品種
    メルロ、プティ・ヴェルド、マスカット・ベーリーA、カベルネ・ソーヴィニヨン、ブラック・クイーン
  • タイプ
    フルボディ
  • ワイナリーコメント
    キノコやスギのような森の香りとバラやスミレのような花の香りが特長です。上品な酸味と花のような華やかな香りが広がる、繊細な味わいの赤ワインです。

    ジャパンプレミアム デュオ ダミ スペシャル アッサンブラージュ 2015

  • ワイン名
    ジャパンプレミアム デュオ ダミ スペシャル アッサンブラージュ 2015
  • 価格
    税込16,500円
  • 品種
    メルロ、プティ・ヴェルド、マスカット・ベーリーA、カベルネ・ソーヴィニヨン、ブラック・クイーン
  • タイプ
    フルボディ
  • ワイナリーコメント
    色調は、輝きのある深いルビー色です。
    完熟オレンジ、紫赤系の花のようなやや南国植物を想起させるような甘い香りにスギなどの清涼感のある樹木のニュアンスを感じます。
    口当たりは前半やや酸味がたちますが中盤にかけ綿菓子のような甘さも感じます。
    全体的にフレッシュな印象を感じるワインに仕上がっています。

    購入はこちら

    ジャパンプレミアム デュオ ダミ スペシャル アッサンブラージュ 2014

  • ワイン名
    ジャパンプレミアム デュオ ダミ スペシャル アッサンブラージュ 2014
  • 価格
    税込16,500円
  • 品種
    メルロ、プティ・ヴェルド、マスカット・ベーリーA、カベルネ・ソーヴィニヨン、ブラック・クイーン
  • タイプ
    フルボディ
  • ワイナリーコメント
    色調は、深いガーネット色です。
    オレンジピールの様なジューシーな果実の香りや、針葉樹と腐葉土のニュアンスもあり、複雑性があります。
    口当たりはシルクのような滑らかさを感じ、中盤からはこなれたタンニンと樽のニュアンスが感じます。
    メルロとマスカット・ベーリーAが全体のやわらかさ、甘さを与え、カベルネ・ソーヴィニヨンが余韻につづく強さ、ブラック・クイーンが、全体を引き締める役割を担っています。優雅な仕上がりとなっている赤ワインに仕上がっています。

    購入はこちら

  • ワイナリー名
    サントリー登美の丘ワイナリー
  • 住所
    山梨県甲斐市大垈2786
  • 電話番号
    0551-28-7311
  • ホームページ
    公式ホームページ
  • 【素人による山梨ワイナリー訪問記】メイドインジャパンの樽【ミズナラ樽】を使ったワインを造っている【唯一!?】のワイナリー【サントリー登美の丘ワイナリー】に訪問!!気になる大企業が造るワインの出来とは!?山梨ワイン、山梨ワイナリーのことは山梨ワインドットノムにお任せ!!

    関連情報

    山梨ワインドットノム編集部 おすすめ記事

    山梨ワインドットノムが自信を持ってお届けしている記事です♪
    特に…
    山梨ワイン パーフェクトガイド
    【必見】山梨ワイン完全ガイド!世界で認められている、山梨ワインとはどんなワイン!?これを読めば、山梨ワインがわかる。山梨ワインのことは、山梨ワインドットノムにお任せ!

    山梨ワイナリー データベース 2020
    【困ったらドットノム!2020年最新版】山梨県のワイナリー完全マップ!山梨県に新たに誕生したワイナリー、2020年新設予定のワイナリーも一挙に紹介!山梨ワイン、山梨ワイナリーのことは山梨ワインドットノムにお任せ!

    非常に参考になると思います♪
    ぜひ、みなさんの山梨へ観光する際のお供に!!

    山梨ワインドットノム編集部は、【自称山梨ワイナリー観光大使】を役職に【醸造家徹底応援!】を掲げ活動をしております。
    素人だからこそ感じる、ワインに対しての率直な感想を始め、ワインの基礎知識、山梨の美味しいお店などの情報を案内します。
    情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、各ワイナリーサイトの情報をご確認下さい。
    各ワイナリーへのお問い合わせは、各ワイナリーサイト記載された方法でお問い合わせ願います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です