【2019】女子部アワード 日本ワイン総選挙『スティルワイン』白部門公開!

日本ワイン応援団女子部を聞いたことはありますか?
ワイン関係の仕事をして1年以上経ちますが、編集部は昨年末初めて知りました。
日本ワイン応援団女子部とは、日本の葡萄で造られた日本ワインを美味しく楽しく美しく追究する部活動です。

「蝶のように美しく舞い、蜂のように鋭く刺す。時には厳しく、時にはマニアックに。」
その心を胸に、活動をしています。今回は、日本ワイン応援団女子部が昨年末に行なった2019年日本ワイン総選挙の結果を紹介したいと思います。
ぜひ、今後行われる世界ワイン展やデイリーワインとしてのワインライフへの参考にしてみてください。

【ワイン好き必見】飲んで!食べて!買って! ワイン好きのためのフェスティバル『世界を旅するワイン展』開催決定!2020年2月19日〜2月24日

女子部アワード 日本ワイン総選挙とは!?

では、いったい『女子部アワード 日本ワイン総選挙』とはどんな選挙なのでしょうか。
女子部アワード 日本ワイン総選挙とは、各ワイナリーの協力のもと実施されています。
審査は、外観・香り・味わい・余韻の4項目をベースに行われています。そして、審査はすべてブラインド。そのため、一切の忖度がありません。
それに加え、価格帯情報によるコスパ5点の加点と女子部らしい主観5点、加点最大10点で行なっています。
つまり、女性のリアルな声を反映しているイベントと言えるでしょう。

ぜひこの機会に、紹介されたワインを手にとってみてはいかがでしょうか。

11位〜20位までのワイン紹介

では、気になる日本ワイン総選挙の11位〜20位を一挙に公開したいと思います!!

11位

PAGE-ONE 甲府甲州2019

ワイン名
PAGE-ONE 甲府甲州2019
ワイナリー名
サドヤワイナリー
品種
甲州
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
こちらから
ワイナリーコメント
ワインコンサルタント、沼田実氏とサドヤのコラボレーション企画として始まった、新たなワインブランド「Page-One」の第二弾商品です。
薄っすらとグリーンがかり、澄み切った液面は、淡い色調で清々しい輝きを放っています。ジャンブは短めで、若々しく健全な印象です。
香りの第一印象は、かぼす、すだちなどの和柑橘を連想させる涼やかな印象ですが、時間の経過とともに、白桃などの熟した果実を思い起こさせる、甘やかな印象の香りへと変わってゆきます。溌剌とした酸が豊富で、キレのある飲み口と、豊かな果実味、そして、雑味のない綺麗な余韻が印象的です。
ふくよかなボディを持ちながらも、日本の清流を思い起こさせる清冽な印象の辛口ワインです。

購入はこちらから

12位

ソーヴィニヨン・ブラン 2018

ワイン名
ソーヴィニョンブラン 2018
ワイナリー名
ヴィラデストワイナリー
品種
ソーヴィニョンブラン
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
ソーヴィニョンブランは、ヴィラデストでは2008年から栽培をはじめ、その後徐々に植え付けを増やしてきました。ヴィラデストの少雨で冷涼な気候により、柑橘やグレープフルーツ、ハーブなどにたとえられる、ソーヴィニョンブランらしい華やかな香りと、フレッシュな酸が特徴の辛口白ワインに仕上がりました。魚介のカルパッチョや塩焼き、シンプルな野菜料理などに良く合います。

購入はこちらから

13位

岩の原葡萄園 ローズ・シオター 2018 辛口

ワイン名
岩の原葡萄園 ローズ・シオター 2018 辛口
ワイナリー名
岩の原葡萄園
品種
ローズ・シオター
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
準備中

購入はこちらから

14位

高山村シャルドネ 2018

ワイン名
高山村シャルドネ 2018
ワイナリー名
サドヤワイナリー
品種
シャルドネ
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
こちらから
ワイナリーコメント
澄んだ輝きのある、ややグリーン掛かった、淡いレモンイエローの色調です。
グラスをスワリングした際の粘性は中庸で、外観からは若々しく、健全な印象が伝わってくるワインです。
リンゴ、洋梨などの果実の香りや、白い花の香り、オークの木樽由来のバニラ香やトースト香が優しいまとまりを魅せています。
豊富なミネラル感も感じさせられ、冷涼な土壌で栽培された葡萄であることを思い起こさせる「涼しげ」な印象のワインです。
アタックは軽やかで心地よく、豊富な酸と果実味からは滋味深い旨味を感じます。
自身を雄弁に物語る事はありませんが、凛とした佇まいからは、清浄でたおやかな印象を感じられます。

購入はこちらから

15位

越後ワイン セーベル2019

ワイン名
越後ワイン セーベル2019
ワイナリー名
アグリコア越後ワイナリー
品種
セーベル
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
葡萄を丁寧にプレスし、一晩オリを沈めた後上澄みをステンレスタンクへ。
吟醸の香りが出やすい選抜酵母を使用し、13~14度で4週間発酵しました。
酸がしっかりと残り、ほのかに香る果実香が特長のフレッシュ&フルーティーな白ワインに仕上がっています。

購入はこちらから

16位

プリマベーラ シャルドネ 2018

ワイン名
プリマベーラ シャルドネ 2018
ワイナリー名
ヴィラデストワイナリー
品種
シャルドネ
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
シャルドネのフレッシュな果実味や酸を素直に抽き出し、プリマベーラ(新緑)のようなさわやかな白ワインに造り上げました。
柑橘系や青リンゴの香りが清々しく、バランスがよく本格的な味わいのワインです。樽発酵・樽熟成しています。

購入はこちらから

17位

マイスターセレクション キュヴェシャルドネ樽熟成 2017

ワイン名
マイスターセレクション キュヴェシャルドネ樽熟成 2017
ワイナリー名
朝日町ワイン
品種
シャルドネ
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
山形県産シャルドネ種をスキンコンタクトし、低温発酵を行い、果実味を最大限引き出せるように丁寧に醸造いたしました。
フランス産ワイン樽にて6ヶ月間樽熟した後、非加熱にてビン詰めいたしました。
グレープフルーツなどの柑橘系の香りに酸味の中にハーブを思わせる爽やかなアロマと樽由来のバニラ、ナッツなどの風味が心地よく広がるエレガントで繊細な辛口の白ワインです。

購入はこちらから

18位

アルカンヴィーニュ ブラン 2017

ワイン名
アルカンヴィーニュ ブラン2017
ワイナリー名
アルカンヴィーニュ
品種
竜眼/シャルドネ
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
善光寺葡萄の名で知られる「竜眼」を主体とし、シャルドネをブレンドした白ワインです。素直でバランスのよい味わいは、日本の繊細な味わいの食事に寄り添います。カリン、グレープフルーツの皮のような香りや、和梨の果汁のようなフレッシュさと、ミネラルを感じる塩味もあります。

購入はこちらから

19位

オルロージュ 2018 白

ワイン名
オルロージュ 2018 白
ワイナリー名
サドヤワイナリー
品種
甲州種/ソーヴィニヨン・ブラン
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
こちらから
ワイナリーコメント
爽やかな味と香りが特徴の2品種を、上品で深い味わいに仕上げました。
商品名の「オルロージュ」とはフランス語で時計を意味します。
これまでの時間と、これからの時を融合させて、ワイナリーとして更なる新しい歴史を刻むことを目指す、シンボリックなワインです。

購入はこちらから

20位

マイスターセレクション シャルドネ 2018

ワイン名
マイスターセレクション シャルドネ 2018
ワイナリー名
朝日町ワイン
品種
シャルドネ
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
山形県産のシャルドネを使用しています。グレープフルーツやオレンジのストラス系の香り、梨やりんごのフルーツ系の香り、バナナなどのトロピカルフルーツ系の香りが特徴です。爽やかな酸味とミネラル感がフレッシュな印象を持続する辛口白ワインに仕上がっています。

購入はこちらから

ベスト10発表

では、最後にお待ちかねのベスト10を発表したいと思います。

10位

Sera MontagneハニービーナスBrise

ワイン名
Sera MontagneハニービーナスBrise
ワイナリー名
せらワイナリー
品種
ハニービーナス
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
2017年の世羅町産ハニービーナスを使用し、ドライに仕上げました。
ほどよい酸味の口当たりで少しの苦みがアクセントになっています。
果実味たっぷりの甘くて爽やかな香りは、そよ風を思わせます。

購入はこちらから

9位

リースリングフォルテ&リオン 2018

ワイン名
リースリングフォルテ&リオン 2018
ワイナリー名
朝日町ワイン
品種
リースリング/リオン
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
山形県朝日町産リースリング・フォルテとリースリング・リオンを使用しています。
香りはライムやグレープフルーツのシトラス系が調和しています。味わいは酸が生き生きとしており、爽やかな辛口白ワインです。

購入はこちらから

8位

星 2018

ワイン名
星 2018
ワイナリー名
くずまきワイン
品種
セイベル9110
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
セイベル9110種の凍結濃縮果汁を原料に醸造した、辛口の白ワインです。
香り高く、余韻の長い果実味のある爽やかな果実味が特徴です。

購入はこちらから

7位

シャトーブリヤン 2016年 白

ワイン名
シャトーブリヤン 2016年 白
ワイナリー名
サドヤワイナリー
品種
セミヨン
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
こちらから
ワイナリーコメント
シャトーブリヤン 2016 白は、甲府市善光寺町サドヤ農場産セミヨンを使用しています。丹精込めて栽培、丁寧に収穫したセミヨンを、通常の白ワインの仕込みで行われる、除梗・破砕を行わずに、ブドウを房ごと圧搾する、ホール・バンチ・プレス方式で優しく絞りました。圧搾された果汁は、フレンチオークの樽で醗酵を行っています。醗酵終了後、一旦澱引きし再度ワインをオーク樽で貯蔵、その後一升瓶で熟成させる、サドヤ独自の育成法を用いています。

購入はこちらから

6位

越後ワイン ケルナー 2019

ワイン名
越後ワイン ケルナー 2019
ワイナリー名
アグリコア越後ワイナリー
品種
ケルナー
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
新潟県南魚沼市自社葡萄園のケルナー種100%を使用しています。
収量を制限し、酸と糖度のバランスがちょうど良い頃合いを見計らい収穫し、 ケルナー種特有の青リンゴや洋ナシの果実を思わせる柑橘系の香りを引き出しました。葡萄を丁寧にプレスし、一晩オリを沈めた後、ステンレスタンクにて14~16度で3週間発酵しました。 グレープフルーツのような華やかな香りとまろやかな長い味わいがたっぷりと感じられます。

購入はこちらから

5位

リースリングリオン 2019

ワイン名
リースリングリオン2019
ワイナリー名
紫波フルーツパーク
品種
リースリングリオン
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
リースリングリオンは、リースリングと甲州三尺をかけ合わせた品種で岩手の土地柄にあった品種といわれています。
青リンゴのような爽やかな香り、キレのある生き生きとした酸と果実味、そして心地よいミネラルの余韻が感じられます。

購入はこちらから

4位

山形ナイアガラ白辛口

ワイン名
山形ナイアガラ白辛口
ワイナリー名
朝日町ワイン
品種
ナイアガラ
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
山形県で栽培されたナイアガラ種を低温発酵・低温熟成させたアロマチックで香り高い白ワインです。
マスカットやパイナップル、ハーブのアロマがやさしく広がる。ナイアガラ特有の香りと軽やかな酸味のバランスの良いお食事にお薦めの辛口白ワインです。

購入はこちらから

3位

高畠バリックシャルドネ 樫樽熟成2018

ワイン名
高畠バリックシャルドネ 樫樽熟成2018
ワイナリー名
高畠ワイナリー
品種
シャルドネ
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
熟度の高いシャルドネに、樫樽とステンレスタンクを用いた醗酵など複数の異なる醸造技法を使い、味わいに奥行き感と複雑性を与えています。
さらにシュール・リーを12ヶ月間行い、念入りなバトナージュと併せワインに厚みを与えました。
複数の異なるフレンチオークの樫樽を用いた樽熟成は、伝統的なブルゴーニュの白ワインでの長期熟成方法を模倣しており、果実と樽の絶妙なバランスを生みだしております。葡萄本来のリンゴ酸を乳酸に換える、マロラクティック醗酵を行うことで、もう一段上のグレードを感じる風味がワインに加わり、そのなかで完熟した葡萄の果実感に、新樽からくるトースト、バニラ、ナッツに表現される心地よい香りを放ちます。プレミアムワインに求められる、香り、味、含み感、余韻でのフレーバーの質と量における一貫性が十二分に感じられる上品なワインに仕上がっています。

購入はこちらから

2位

甲州NV

ワイン名
甲州NV
ワイナリー名
三養醸造
品種
甲州
ワインタイプ
スティルワイン白
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
こちらから
ワイナリーコメント
2018甲州と2017甲州のブレンドになります。
ブレンド比率は55:45です。2018甲州種の果皮を低温浸漬させ、2日後に果汁のみを発酵タンクから移動させ清澄し16度で発酵させ、クリーンでクリアな香りと味わいにシアがけています。また、高めの温度で果皮浸漬している2017甲州とのブレンド比率が高く、タンニンがはっきりとし食材に負けない強さも持っています。

1位

岩の原葡萄園レッドミルレンニューム 2018 辛口

ワイン名
岩の原葡萄園レッドミルレンニューム 2018 辛口
ワイナリー名
岩の原葡萄園
品種
レッド・ミルレンニューム
ワインタイプ
スティルワイン赤
公式サイト
ホームページへ
ワイナリー訪問記
ワイナリーコメント
「岩の原葡萄園」の限定品です。日本の風土に合うように品種改良して生み出した葡萄のみで造られた、プレミアムワインシリーズ「レッド・ミルレンニューム」です。自園の畑で有機栽培されたレッド・ミルレンニュームを全量に用いて、岩の原産の個性を生かして仕込まれています。
バラエタルな香りとクリスタルで透明感のある爽快な酸味が特徴です。
マスカットや柑橘系フルーツの香りが彩りを添え、楽しい食卓を跳舞する個性溢れる辛口ワインです。
この酸味と香りの特徴を引き出すため、葡萄の収穫日にこだわり、収穫日決定まで幾日も調査を重ね、収穫日までの天候を予測し判断しています。
酸味は体に優しくなじむように感じられ、香りは色々な果実の香りが立ち上がります。
2018年ヴィンテージは、レッド・ミルレンニュームの特徴であるライチや洋梨のようなフルーティーな加えて、ほのかに柑橘系の香りも感じられます。
口当たりも柔らかく酸味のバランスも良好に仕上がっています。

購入はこちらから

注意
  • ランキングインしたワインは、各ワイナリーショップ、ワイナリーオフィシャルサイト、ECサイトから購入が可能です。
  • ランキングインしたワインが売り切れている場合があります。ご注意ください。
  • ワインに関する情報等は、各ワイナリーにお問い合わせください。

編集長による、【総評】

最後に日本女子部2019日本ワイン総選挙の結果を見て、編集長に感想をもらいたいと思います。

編集長総評
女性は男性に比べて味覚も含める五感が優れているという研究結果もありますし、これはかなり信憑性のある順位と言えましょう。
順位にあるワイナリーの詳細に関しましては、このWebサイト、山梨ワインドットノムに載っていますので是非そちらの記事もそれぞれ検索してご覧ください!
きっと新しい発見がありますよ♪

関連情報

編集長からのお願い

編集長

受賞ワインをお飲みになった方々のご感想をたくさん募集しています!コメントにて教えていただければ幸いです!
よろしくお願いいたします。_φ( ̄ー ̄ )
山梨ワインドットノム編集部は、【自称山梨ワイナリー観光大使】を役職に【醸造家徹底応援!】を掲げ活動をしております。
素人だからこそ感じる、ワインに対しての率直な感想を始め、ワインの基礎知識、山梨の美味しいお店などの情報を案内しています。
情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、各ワイナリーサイトの情報をご確認下さい。
各ワイナリーへのお問い合わせは、各ワイナリーサイト記載された方法でお問い合わせ願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です