アルガブランカ クラレーゼ 2017

アルガブランカ クラレーゼ 2017

品名アルガブランカ クラレーゼ 2017

値段¥2,200(税込)

容量750ml

産地山梨県

味わい辛口

色合い白ワイン

ぶどう品種甲州

ブレンド比率甲州100%

基本情報

発酵
準備中
醸造方法
シュール・リー製法
ぶどうの収穫日
準備中
飲み頃温度
準備中
瓶詰め本数
80,000本
醸造家コメント
限りなく透明な白ワインに仕上がりました。
ワインと澱をゆっくり接触させるシュール・リー醸造法を用いています。
味噌、醤油、わさび等を使った和食との相性は抜群です。
注意
試飲会未実施ワインのため、試飲会実施後にアップデートいたします。
ハンナ デジタル糖度計
【計測種別】ワインにおける糖度および潜在的アルコール度を測定できます。
【測定範囲】
糖度:0.0~50.0%Brix
潜在的アルコール度:0.0~25.0%
温度:0.0~80.0度
【精度】
糖度:±0.2%Brix
潜在的アルコール度:±0.2%
温度:±0.3度

URCERI pH計
【不可欠な水質測定器】本製品は、PH(水素イオン指数)を0.00-14.00PHまでの測定範囲を0.01ごとに表示します。
【自動校正&温度補正】面倒な校正はボタン1つで自動校正、PHの精度に及ぼす温度変化の影響を補正する自動温度補正します。
【様々な場合に大活躍】研究室、水族館、プール、養殖業、飲料水などの分野で幅広く使えます。

ThermoPro 湿度計
【温湿度計の測定範囲】
温度(-50 °C ~ 70 °C)
湿度(10% ~ 99% RH)
表示単位:温度(0.1度)
湿度(1%RH)

新樽利用率
準備中
酸度
準備中
開封時酸度
準備中
亜硫酸含有量
準備中
糖度
準備中
開封時糖度
準備中
PH
準備中
アルコール度数
11.5%
潜在アルコール度数
準備中
エキス
準備中
充填日
準備中
比重
準備中
キャップ
スクリューキャップ
コルクの長さ
準備中
発酵
酵母の働きによりブドウに含まれている糖分がアルコールへと変わる過程がアルコール発酵です。
アルコール発酵終了後、乳酸菌によってリンゴ酸を乳酸に変える乳酸発酵(マロラクティック発酵)もあります。
熟成
旨味や香りを凝縮させるために、一定期間貯蔵させることです。
比重
水の密度を1とした場合に、その液体の密度がどれくらいかを表したものです。
ワインの場合、糖度がアルコール分解されていくにつれて、その比重は軽くなります。
充填
製造業でいう「充填」とは、ビンやボトルに内容物を詰める作業のことです。
エキス
水とアルコールを除いた不揮発性成分のことです。
糖や有機酸などが含まれます。

テイスティングコメント

ゲストコメント
編集長総括

勝沼醸造とは!?

ワインを通じて人々に「感動」をもたらすワイナリー

勝沼醸造の歴史は、1937年にまで遡ります。
当時の勝沼醸造は、製糸業をメインとして事業を展開していたため、サブとしてワインの個人醸造をスタートしたのです。
そして、ワインに手をかけ始めた4年後の1941年。
近隣の農家が集まり、勝沼醸造の前身となる「金山葡萄酒協同醸造組合」が設立されました。
その14年後の1954年に、現在の社名である『勝沼醸造』になりました。

そして、現在の社長へと代々受け継がれていく中で、勝沼醸造はある方向へと舵を大きく取ります。
それが、『甲州ワイン』を世界へ。
だったのです。
日本を代表する甲州が、世界に全くと行っていいほど広まっていない時代たったからこそ、その思いは相当なものだったことがわかります。
その結果、2003年にはフランス醸造技術者協会主催の国際ワインコンテスト「ヴィナリーインターナショナル」で、「甲州特醸樽醗酵1999」が銀賞を受賞。
続く2004年には、同コンテストで、「勝沼甲州樽醗酵2002」が銀賞を受賞。
それ以降も、国内外で数々の賞を受賞している。
また2007年には、日本航空(JAL)が日本のワインを紹介する企画の第1弾として、和食と相性の良い「アルガブランカ ピッパ」を採用。国際線ファーストクラスで提供もされたのです。さらに同年、フランス・ボルドーで最も古いワイナリーの1つ「シャトー・パップ・クレマン」と提携し、甲州ワインのEU輸出もスタートさせています。
まさに、甲州ワインを世界に広めた立役者であることは間違いないでしょう。

では、世界が認めるワインとは一体どうやって造られているのでしょうか。
今も変わらぬあり続ける、勝沼醸造のワイン造りのテーマは、「たとえ一樽でも最高のものを」。
良いワインのために、さまざまな手法を取り入れ、良い葡萄を栽培し、醸造にもこだわっています。

  • 葡萄の収量を減らして糖度を高める
  • 湿気の多い日本では、葡萄は棚づくりが一般的です。しかし勝沼醸造ではmヨーロッパなどで主流の垣根仕立てを採用しています。
    さらに、1本の樹に実る葡萄を制限している。また、葡萄の肩や先端を落として房を小さく仕上げている。
    たしかに葡萄の収量は減りますが、1粒1粒の糖度を高めることができるのです。

  • 葡萄に適した土地づくり
  • 日本の土地は栄養が豊富に含まれています。しかし、実はワインの原料となる葡萄は、砂利や石が多く痩せた土地が適しているのです。
    そこで、勝沼醸造では葡萄のポテンシャルを高めるために、石灰などを投入して、ぶどうに適した土地へと改良を行っています。

  • 手間をかけて栽培
  • 雨の時期は葡萄の房ごとに傘をかけるなど、手入れを頻繁にすることで、葡萄を病気にさせないように栽培しています。

  • 葡萄を凍らせながら成分を凝縮(氷結濃縮法)
  • 氷結濃縮法を採用すると、実は製造コストがかなり高くなるのです。
    しかし、価格以上の価値を追求し、他社に先駆けて氷結濃縮法を導入しています。

  • ゆっくりと時間をかけて搾汁
  • 白ワイン用の葡萄品種は、圧力をかけずに搾汁すると皮や種の渋味・苦味が入らないため、上質な果汁が取り出せると考えられています。
    しかし勝沼醸造では、皮と実の間にある甲州種のうま味を取り出すため、しっかりと圧力をかけて搾汁しています。
    ゆっくりと丁寧に時間をかけて搾ることで、甲州種ならではの苦みを生かした個性が際立つワインに仕上がっています。

    中でもやはり、ワイン造りの原点となる『葡萄造り』への想いが非常に強いです。
    良いワインは良い葡萄から。という言葉を忠実に再現しているワイナリーといえるでしょう。
    ワイン初心者の方は、ぜひ勝沼醸造のツアーを予約してみてください。
    想像以上に、山梨県の歴史を、ワインの歴史を感じることができるでしょう。

    勝沼醸造 基本情報

    ワイナリー名
    勝沼醸造
    住所
    山梨県甲州市勝沼町下岩崎371
    電話番号
    0553-44-0069
    営業時間/定休日
    9:30〜16:30/12/29〜1/4
    公式サイト
    ホームページへ

    関連情報

    【山梨ワイナリー訪問記】いざ、勝沼醸造へ #1

    関連情報

    編集長からのお願い

    編集長

    お飲みになった方々のご意見をたくさん募集しています!コメントにて教えてください!
    また、皆様のオススメワインがありましたら、コメントで教えてください!
    よろしくお願いいたします。_φ( ̄ー ̄ )
    山梨ワインドットノム編集部は、【自称山梨ワイナリー観光大使】を役職に【醸造家徹底応援!】を掲げ活動をしております。
    素人だからこそ感じる、ワインに対しての率直な感想を始め、ワインの基礎知識、山梨の美味しいお店などの情報を案内します。
    情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、各ワイナリーサイトの情報をご確認下さい。
    各ワイナリーへのお問い合わせは、各ワイナリーサイト記載された方法でお問い合わせ願います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です