Black Queen 2017

Black Queen 2017

品名Black Queen 2017

値段¥2,860(税込)

容量720ml

産地山梨県

味わいミディアムボディ

色合い赤ワイン

ぶどう品種ブラッククイーン

ブレンド比率ブラッククイーン100%

基本情報

発酵
準備中
醸造方法
準備中
ぶどうの収穫日
準備中
飲み頃温度
準備中
瓶詰め本数
準備中
醸造家コメント
ブラッククイーンは、きめ細かなタンニンとバランスの良い酸味が特徴の葡萄です。
抜栓直後は、タンニンの力強さに圧倒されますが、時間と共に変化します♪
ブラッククイーンは、小粒なため農家さんは、粒割れを嫌って早期の未熟な段階で収穫することも多いのですが、
この赤ワインで使用している、ブラッククイーンは粒割れをさせずに、限界まで収穫を遅らせることができているため高い品質に仕上がっていると思います♪
注意
試飲会未実施ワインのため、試飲会実施後にアップデートいたします。
ハンナ デジタル糖度計
【計測種別】ワインにおける糖度および潜在的アルコール度を測定できます。
【測定範囲】
糖度:0.0~50.0%Brix
潜在的アルコール度:0.0~25.0%
温度:0.0~80.0度
【精度】
糖度:±0.2%Brix
潜在的アルコール度:±0.2%
温度:±0.3度

URCERI pH計
【不可欠な水質測定器】本製品は、PH(水素イオン指数)を0.00-14.00PHまでの測定範囲を0.01ごとに表示します。
【自動校正&温度補正】面倒な校正はボタン1つで自動校正、PHの精度に及ぼす温度変化の影響を補正する自動温度補正します。
【様々な場合に大活躍】研究室、水族館、プール、養殖業、飲料水などの分野で幅広く使えます。

ThermoPro 湿度計
【温湿度計の測定範囲】
温度(-50 °C ~ 70 °C)
湿度(10% ~ 99% RH)
表示単位:温度(0.1度)
湿度(1%RH)

新樽利用率
準備中
酸度
準備中
開封時酸度
準備中
亜硫酸含有量
準備中
糖度
準備中
開封時糖度
準備中
PH
準備中
アルコール度数
12.5%
潜在アルコール度数
準備中
エキス
準備中
充填日
準備中
比重
準備中
キャップ
コルク
コルクの長さ
準備中
発酵
酵母の働きによりブドウに含まれている糖分がアルコールへと変わる過程がアルコール発酵です。
アルコール発酵終了後、乳酸菌によってリンゴ酸を乳酸に変える乳酸発酵(マロラクティック発酵)もあります。
熟成
旨味や香りを凝縮させるために、一定期間貯蔵させることです。
比重
水の密度を1とした場合に、その液体の密度がどれくらいかを表したものです。
ワインの場合、糖度がアルコール分解されていくにつれて、その比重は軽くなります。
充填
製造業でいう「充填」とは、ビンやボトルに内容物を詰める作業のことです。
エキス
水とアルコールを除いた不揮発性成分のことです。
糖や有機酸などが含まれます。

テイスティングコメント

ゲストコメント
編集長総括

駒園ヴィンヤードとは!?

令和から新たな歴史をスタートさせたハイクオリティワイナリー

駒園ヴィンヤードの歴史は、1953年に遡ります。
しかし、当時の名前は「五味葡萄酒」と別名での創業でした。
当時の理念は、その土地、そのヴィンテージの葡萄の個性を最大限に活かすこと。
そのため、自社畑を中心に山梨県産の葡萄を100%使用してワインを造っていました。
家族経営ワイナリーだったせいか、生産量が少なくなかなか入手しにくいワインであることは間違いありません。
ただ、それが非常に残念で残念でなりません。。。
各種ワインコンクールの受賞はもちろんですが、試飲をしてみてどのワインも醸造家の個性が存分に現れていて、
『面白く本当に美味しいワイン』ばかりだったのです。
また、試飲は1本1本のグラスを用意してくれました。
些細でありワイナリーによっては当たり前と思われるかもしれませんが、素敵な対応だと思いました。

駒園ヴィンヤードでの試飲は、本当に有意義な時間でした♪
隣にいたドライバーの編集長まで素面で話を楽しめる魅力もあります。

土日祝日は営業をしていません。必ず、事前に連絡をした上で、駒園ヴィンヤードに足を運んでみてください。

駒園ヴィンヤード 基本情報

ワイナリー名
駒園ヴィンヤード
住所
山梨県甲州市塩山藤木1937
電話番号
0553-33-3058
営業時間/定休日
10:00〜16:00/土日祝日・年末年始
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、駒園ヴィンヤード(五味葡萄酒)へ! #1

関連情報

編集長からのお願い

編集長

お飲みになった方々のご意見をたくさん募集しています!コメントにて教えてください!
また、皆様のオススメワインがありましたら、コメントで教えてください!
よろしくお願いいたします。_φ( ̄ー ̄ )
山梨ワインドットノム編集部は、【自称山梨ワイナリー観光大使】を役職に【醸造家徹底応援!】を掲げ活動をしております。
素人だからこそ感じる、ワインに対しての率直な感想を始め、ワインの基礎知識、山梨の美味しいお店などの情報を案内します。
情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、各ワイナリーサイトの情報をご確認下さい。
各ワイナリーへのお問い合わせは、各ワイナリーサイト記載された方法でお問い合わせ願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です