ワイン愛飲家、元SMAP稲垣吾郎が語る『ワイン観』。それを読んだ編集長の『ワイン観』とは。

元SMAPの稲垣吾郎と聞くと誰もが知る存在ですね。そして、彼が無類のワイン好きであることもご存知の方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな彼のワインとの出会い、そしてあの稲垣吾郎が訪れた山梨ワイナリーの紹介をしていきます。

稲垣吾郎×ワイン

先日、Web朝日新聞を見ていたら気になる記事を見つけたので読んでみました。それは、『山梨ワイナリーを巡りながら話す、元SMAPの稲垣吾郎のワイン観』の記事でした。
彼が、芸能界でも一際目立つワイン好きとして知られているのは知っていました。
しかし、実際の言葉を読むのは初めてでした。
芸能人ならではのトークだけではなく、私たちの日常生活にも当てはまることが多くありましたので、その内容を紹介したいと思います。
もちろん、彼が巡った山梨ワイナリーも紹介します。

稲垣吾郎のワインとの出会い

今でこそ、芸能界屈指のワイン好きとして知られている『稲垣吾郎』ですが、ワインとの深い出会いは25歳だったのです。
つまり、編集長と全く一緒です。
ということは編集長も、『素人屈指のワイン好き』になる可能性が大いにあるということですね。

では気になる25歳でのキッカケはなんだったのでしょうか。
それは、フジテレビの『ソムリエ』というドラマでソムリエを演じたことでした。まさしく、芸能人らしいキッカケですね。

稲垣吾郎以外にも、菅野美穂鈴木杏樹武田鉄矢など大物芸能人が揃って登場しているドラマです。
残念ながら、当時の編集長の年齢は5歳でした。。。笑
そのため、もし見ていたとしても、理解できなかったですし、なによりワイン飲めませんからね。笑

SMAP×SMAP」のでシェフとして活躍していた彼が、ソムリエ役を演じたのですが、
演じる前の段階ではワインについては、ほぼ知らなかったのです。そのため実際に、ドラマがスタートする前に、「フランスでソムリエ入門をしていた」とのことです。
そこで、ソムリエの奥深さ、興味深さを感じた上で、ドラマ撮影に挑んだと。
ソムリエ役を演じるにあたって、ソムリエでありワイン副知事でもある田崎真也の弟子だった広瀬一峰からワインについて学んだという稲垣吾郎さん。
これが彼にとってのワイン愛好家になる大きな転機だったのです。
それ以来、プライベートでもワインを飲むようになったとのこと。
そして当時は今よりもワインが安かったため、今では飲めない高級ワイン『ロマネコンティ』や『シャトー・ムートン・ロートシルト』なども飲んでいたという…
なんとも贅沢な………!!
対照的に編集長は、『ロマネ・コンティ』も『シャトー・ムートン』も飲んだことがありません。。。笑

稲垣吾郎がワインを飲む場所

そして気になる、稲垣吾郎がワインを飲む場所。
彼の行きつけがわかったら、ぜひとも訪れて見たいですよね。そして、同じワインを1度でいいから飲んで見たい、と思う人も多いのではないでしょうか。
しかし残念ながら、基本はやはり家が多いとのことでした。
自分の好きなものに囲まれた自宅で、くつろいで飲むのが好きとのこと…
たしかに、ワインは騒がしい場所よりも静かな落ち着いた空間で飲んだ方が感覚が研ぎ澄まされて味わうことができますよね。

稲垣吾郎の贅沢ワイン伝説

『ロマネ・コンティ』『シャトー・ムートン』も充分贅沢なお話だと思うのですが、もっと贅沢な話がありました。
それは、彼が手にした番組の景品の話でした。
その景品は、「100万円までだったら何でも買ってOK」という…今では信じられないような景品でした。
そして、その景品として彼は『自分の生まれ年である、1973年から1999年くらいのシャトームートンを20本』買ったのです。笑
ちょっと信じられない話ですよね。笑
今では、絶対に買うことができませんが、当時はまだ高騰していなかったので買うことができたという…
気になる、そのワインたちの行方。
それは友人たちと飲み比べをしたとのことでした。これはこれで本当に贅沢というか、芸能人らしいですよね。笑
しかし、彼にとってこれも大きな転機になっていたのです。
この飲み比べがキッカケになり、自分の感覚でワインを捉えられるようになってきたのです。
そして、その経験から感じた今に生きる名言があります。
『同じ銘柄のヴィンテージ違いを飲むとすごく勉強になり、それが自分のワインの原点の1つ。
そして、本当にいいワインとは、起床したときにも口の中に余韻が残っているような感じがある。』と。

稲垣吾郎のワイン金銭感覚

ワイン伝説を聞くと、やはり日常のデイリーワインも高級ワインばかり…といった印象を持つ人も多いのではないでしょうか。
私も最初は、そう思っていました。さすがに毎日『ロマネ・コンティ』はありえませんが、『オーパスワン』はありえるかなと思っていたほどです。
しかし、そんなことはありませんでした。『1万円のワインも日常使いにしては高い』と。
私たちとほぼ近い、一般的な感覚を持っていたのがわかった瞬間でした。

稲垣吾郎が訪問したワイナリー

では、最後に彼が訪問した山梨ワイナリーを紹介したいと思います。

ワイナリー巡り 1軒目

まず最初に訪問をしたのは、グレイスワインで有名な「中央葡萄酒」でした。

中央葡萄酒ってどんなワイナリー!?

ワイナリーアワード2019で『★★★★★』評価を獲得している、『中央葡萄酒』。
グレイスワインとして国内だけでなく、海外からの評価も高い中央葡萄酒は、1923年創業、まもなく100周年を迎える歴史深いワイナリーなのです。
山梨ワインの代表格となっている『甲州』をはじめ、『シャルドネ』『メルロー』『カベルネ・ソーヴィニヨン』など幅広く葡萄を栽培しています。
土と栽培努力、そして醸造家の信念が一体となったワイン造りをおこなっている、ワイナリーなのです。

  • ワイナリー名
    中央葡萄酒
  • 住所
    〒409-1315 山梨県甲州市勝沼町等々力173
  • 電話番号
    0553-44-1230
  • ホームページ
    https://www.grace-wine.com/index.html
  • ワイナリー巡り 2軒目

    そして、2軒目は「原茂ワイン」。

    原茂ワインってどんなワイナリー!?

    ワイナリーアワード2019で『★★★』評価を獲得している、『原茂ワイン』。
    1924年創業と、原茂ワインもまもなく100周年を迎えるワイナリーの1つです。
    『甲州』を中心に、『シャルドネ』『メルロー』『アルモノワール』『ブラッククイーン』などの葡萄品種を栽培しています。
    明治時代に建てられた母屋を改装したワイナリーは、1階がワインショップになっており、2階にはカフェが併設されています。
    勝沼の季節ごとの景観を楽しみながら、ワインと山梨の食のマリアージュも楽しむことができるワイナリーです。

  • ワイナリー名
    原茂ワイン
  • 住所
    〒409-1316 山梨県甲州市勝沼町勝沼3181
  • 電話番号
    0553-44-0121
  • ホームページ
    http://www.haramo.com/index.html
  • 編集長×ワイン

    そして、国民的大スターである稲垣吾郎が語ってくれた内容と同じことを編集長にも聞いてみました。

    編集長とワインの出会い

    編集長とのワインの出会いはいつですか。
    そのときのエピソードを教えてください。

    編集長コメント
    僕とワイン初めての出会いは20歳のときですね。
    友達と焼肉に行ったときに、そこにあったサントリーの肉専用黒ワインと呼ばれる『カーニヴォ』を飲んだのがワインとの初めての出会いです。
    ワインに関する知識は皆無でしたが、肉と赤ワインはこんなにも合うのかと、感動した記憶があります。笑
    しかし、そのときは単なるアルコールとしか捉えていませんでしたね。
    本格的にワインに惚れたのは、2018年の秋手前です。5本の『甲州』の白ワインを目の前に並べて、色の比較から香りの比較をしっかりと感じたときです。
    その瞬間、ワインに惚れました。同時に、ワインをもっと深く知りたいとも思いました。

    編集長がワインを飲む場所

    編集長はいつもどこでワインを飲みますか??

    編集長コメント
    9割自宅ですね!
    家でゲームをしながら、また映画を見ながらまったり飲むワインが最高だと思っています。笑

    編集長の贅沢ワイン伝説

    編集長の贅沢ワイン伝説を教えてください。
    稲垣吾郎さんレベルのものを期待しています。

    編集長コメント
    もちろん稲垣吾郎さんレベルのものではないですが、僕の中の贅沢ワイン伝説は、第1回試飲会の30本ほど山梨ワインを飲み比べた会一択でしょう。笑
    そんなに多くの種類のワインを一気に開けることはこの先ないように思えます。笑

    編集長のワイン金銭感覚

    編集長のワイン価格に対する感覚を教えてください。
    普段、どれくらいの金額のワインを飲みますか。
    編集長が思う高いワインとはどれくらいの値段ですか。

    編集長コメント
    普段飲むのは家の近くで買える数百円のワインです!
    それこそ、僕はワインを水のように飲んでしまうのでその水にお金を掛けると破産してしまいます。笑
    また、高いワインの基準は『5000円〜』かなと個人的には思います。
    これほどの価格になってくると、どうしても期待してしまいますね笑

    今回の稲垣吾郎の記事は、我々編集部に『初心』と『自信』を与えてくれました。
    ワインを知ってもらうには『きっかけ』が必要であるということ、
    そして、『ヴィンテージ比較』や『同品種比較』をすることで、よりワインを楽しめるということ、
    現在編集部が伝えていることと稲垣吾郎さんがワインの世界に惹きこまれたことは一緒でした。
    ワイナリーの魅力を、ワインの面白さを、醸造家の努力を伝え続けていくことが大切だと思いました。

    関連情報

    山梨ワインドットノム編集部 おすすめ記事

    山梨ワインドットノムが自信を持ってお届けしている記事です♪
    特に…
    山梨ワイン パーフェクトガイド2019
    【必見】山梨ワイン完全ガイド!世界で認められている、山梨ワインとはどんなワイン!?これを読めば、山梨ワインがわかる。山梨ワインのことは、山梨ワインドットノムにお任せ!

    山梨ワイナリー データベース
    【困ったらドットノム!2019年最新版】山梨県のワイナリー完全マップ!山梨県のワイナリーを一挙紹介。山梨ワイン、山梨ワイナリーのことは山梨ワインドットノムにお任せ!

    非常に参考になると思います♪
    ぜひ、みなさんの山梨へ観光する際のお供に!!

    山梨ワインドットノム編集部は、【自称山梨ワイナリー観光大使】を役職に【醸造家徹底応援!】を掲げ活動をしております。
    素人だからこそ感じる、ワインに対しての率直な感想を始め、ワインの基礎知識、山梨の美味しいお店などの情報を案内します。
    情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、各ワイナリーサイトの情報をご確認下さい。
    各ワイナリーへのお問い合わせは、各ワイナリーサイト記載された方法でお問い合わせ願います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です