桜沢シャルドネ 2017 【オーク樽発酵】

桜沢シャルドネ 2017 【オーク樽発酵】

品名桜沢シャルドネ 2017 【オーク樽発酵】

値段¥3,850(税込)

容量750ml

産地山梨県自社農園桜沢圃場

味わい辛口

色合い白ワイン

ぶどう品種シャルドネ

ブレンド比率シャルドネ100%

基本情報

発酵
樽発酵/樽熟成
醸造方法
シュール・リー製法
ぶどうの収穫日
準備中
飲み頃温度
準備中
瓶詰め本数
準備中
醸造家コメント
自社農園桜沢圃場のシャルドネをオーク樽で発酵、丁寧にバトナージュを繰り返しました。
さらに、約6ヶ月のシュール・リー期間を経て、なめらかな白ワインに仕上がっています。
果実由来の柑橘類やハーブ、ミネラルの香りに加え、樽由来のバニラやキャラメルなどの香りが調和しています。
心地よい酸味と豊かな果実味、ほのかな苦味のバランスがとれた、コクのあるリッチな仕上がりになっています。
注意
試飲会未実施ワインのため、試飲会実施後にアップデートいたします。
ハンナ デジタル糖度計
【計測種別】ワインにおける糖度および潜在的アルコール度を測定できます。
【測定範囲】
糖度:0.0~50.0%Brix
潜在的アルコール度:0.0~25.0%
温度:0.0~80.0度
【精度】
糖度:±0.2%Brix
潜在的アルコール度:±0.2%
温度:±0.3度

URCERI pH計
【不可欠な水質測定器】本製品は、PH(水素イオン指数)を0.00-14.00PHまでの測定範囲を0.01ごとに表示します。
【自動校正&温度補正】面倒な校正はボタン1つで自動校正、PHの精度に及ぼす温度変化の影響を補正する自動温度補正します。
【様々な場合に大活躍】研究室、水族館、プール、養殖業、飲料水などの分野で幅広く使えます。

ThermoPro 湿度計
【温湿度計の測定範囲】
温度(-50 °C ~ 70 °C)
湿度(10% ~ 99% RH)
表示単位:温度(0.1度)
湿度(1%RH)

新樽利用率
準備中
酸度
準備中
開封時酸度
準備中
亜硫酸含有量
準備中
糖度
準備中
開封時糖度
準備中
PH
準備中
アルコール度数
12%
潜在アルコール度数
準備中
エキス
準備中
充填日
準備中
比重
準備中
キャップ
コルク
コルクの長さ
準備中
バトナージュ
樽熟成の過程において、沈殿した澱が沈殿をかき混ぜることです。
これにより、澱に含まれる旨味成分をより多くワインに含ませる効果があります。
発酵
酵母の働きによりブドウに含まれている糖分がアルコールへと変わる過程がアルコール発酵です。
アルコール発酵終了後、乳酸菌によってリンゴ酸を乳酸に変える乳酸発酵(マロラクティック発酵)もあります。
熟成
旨味や香りを凝縮させるために、一定期間貯蔵させることです。
比重
水の密度を1とした場合に、その液体の密度がどれくらいかを表したものです。
ワインの場合、糖度がアルコール分解されていくにつれて、その比重は軽くなります。
充填
製造業でいう「充填」とは、ビンやボトルに内容物を詰める作業のことです。
エキス
水とアルコールを除いた不揮発性成分のことです。
糖や有機酸などが含まれます。

テイスティングコメント(食前)

ゲストコメント
準備中
編集長総括
準備中

テイスティングコメント(食中・食後)

ゲストコメント
準備中
編集長総括
準備中

奥野田葡萄酒とは!?

日本のワイン文化を献身的に支えつつ挑戦を続ける、フロンティアワイナリー

平成元年。『奥野田葡萄酒』の新しい歴史は動き出した。
たしかに、平成元年の段階で現オーナー体制であったが、『奥野田葡萄酒』の名前は生まれていなかった。
時代が昭和から平成に代わり、約20年後の2012年、ついに『奥野田葡萄酒』の名が誕生。
そして平成が終わり、新元号『令和』が始まった2019年。
平成元年に再始動した『奥野田葡萄酒』も、また一歩新たな時代を築く時代になりました。
新時代になろうが、「ワイン造りは質の高い葡萄から」という初心を忘れず一歩一歩進んでいます。
そんな奥野田葡萄酒は、約1.5ヘクタールの自社農園で、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネ、デラウェアを栽培しています。
珍しいことに、甲州を自社農園では栽培していません。
そして核となる栽培方法は、自然農法にこだわっています。それは複雑な地層を有している圃場だからこそ可能である業でもあるのです。
そんな豊かな圃場は、甲州市内に4つもあります。

    桜沢圃場

    桜沢圃場は、奥野田ワイナリーの東側の急斜面にあります。
    垣根の両面に1日を通して均等に日が当たるよう、畝はすべて真南に向けてあります。
    そして、「桜沢圃場」は全体の広さが約30a、そのうちの約13aが垣根栽培になっています。
    垣根栽培では、97年、98年植え付けのシャルドネが600株、そして残りの約17aでは棚栽培を行なっています。
    棚栽培では、デラウェアを栽培しています。

    長門原圃場

    長門原圃場は、桜沢圃場から100mほどの場所にあります。
    まるでスキー場のような急斜面にある最も新しい平垣根畑です。
    この葡萄畑も、畝はすべて真南に向けてあります。
    そして、約20aの広さを持つ長門原圃場には、2001年植え付けのシャルドネが1200株植えてあります。
    一番最後に作ったこの畑には、今までの畑作りで培ったすべてのノウハウを投入しているとのこと…
    そのため、今後が最も楽しみな圃場なのです!!

    神田圃場

    神田圃場は、勝沼を見下ろす標高450mほどの高台にあります。
    広さは最も広く約45aになります。
    神田圃場には、メルローが1200株、カベルネ・ソーヴィニヨンが400株植えてあります。
    ワイナリーから最も遠い場所にありますが…
    広大ですばらしいロケーションのため、訪れる人を感動させてくれる葡萄畑になっています!!

    日灼圃場

    唯一、平らな土地にあるのが日灼圃場とのこと…
    日灼圃場には、広さ15aの畑に、1996年植え付けのカベルネ・ソーヴィニヨンが900株植えてあるのです!
    そしてこの圃場も同様に、垣根の両面に1日を通して均等に日が当たるよう、畝はすべて真南に向けてあります。
    そして、この葡萄畑は地名のとおり、非常に日当たりが良い場所にあるとのこと!!
    そのため、高い熟度の葡萄を収穫することができるのです。
    また、2008年からは収穫イベントやオーナー制度なども行われている葡萄畑でもあるのです。

1年間、4名でワイナリー運営をすること自体、非常に大変にも関わらず、それに止まらず、奥野田葡萄酒は『奥野田ヴィンヤードクラブ』も運営しています。
このクラブのおかげで、ワイン造りの肝になる葡萄栽培を経験したくてもできない人が、自分の葡萄の木を所有し栽培できるようになるのです。
もちろん、会場は奥野田葡萄酒の自社畑のため、安心に加えワイン造りの知識なども深まります。

  • 「2月」 剪定作業
  • 「3月」 誘引作業
  • 「5月」 芽かき作業
  • 「6月」 シャルドネ花カス取り
  • 「7月」 笠紙掛け作業
  • 「9月」 奥野田ヴィンヤードクラブカベルネ・ソーヴィニヨン収穫会
  • 他にも、山梨県が進める「やまなし企業の農園づくり」や『富士通GP2020ワインファーム』などにも積極的に介入。
    奥野田葡萄酒のこの活動は、葡萄畑での作業を通じて、圃場維持の難しさや環境問題を学び考えながら、ワインに触れてもらう機会の提供につながります。
    間違いなく、奥野田葡萄酒の魅力の1つは、ワイン愛好家だけではなく、ワイン初心者にも『広く門戸を開いている』ところだろう。
    それに加え、ワインの質は日本を代表するレベルと言っても間違いないだろう。

    ワイナリー2階にある、ログハウスから見れる絶景もオススメなので、ぜひとも早めの時間帯に予約をして訪問してみください。

    奥野田葡萄酒 基本情報

    ワイナリー名
    奥野田葡萄酒
    住所
    山梨県甲州市塩山牛奥2529-3
    電話番号
    0553-33-9988
    営業時間/定休日
    10:00〜17:00/水曜
    公式サイト
    ホームページへ

    関連情報

    【ワイン初心者による奥野田葡萄酒訪問記】平成元年に新たなスタートを切ったワイナリーに訪問!!ファンと一緒に造る【ワイン】が魅力的!!

    関連情報

    編集長からのお願い

    編集長

    お飲みになった方々のご意見をたくさん募集しています!コメントにて教えてください!
    また、皆様のオススメワインがありましたら、コメントで教えてください!
    よろしくお願いいたします。_φ( ̄ー ̄ )
    山梨ワインドットノム編集部は、【自称山梨ワイナリー観光大使】を役職に【醸造家徹底応援!】を掲げ活動をしております。
    素人だからこそ感じる、ワインに対しての率直な感想を始め、ワインの基礎知識、山梨の美味しいお店などの情報を案内します。
    情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、各ワイナリーサイトの情報をご確認下さい。
    各ワイナリーへのお問い合わせは、各ワイナリーサイト記載された方法でお問い合わせ願います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です