【山梨ワイナリー訪問記】いざ、MGVsワイナリーへ! #1

今回、我ら山梨ワインドットノムメンバーは【MGVsワイナリー】へ行ってきました!
編集長のNo,1が、またまたアップデート…!??

編集長お墨付きNo,1ワイナリー!?

MGVsワイナリーへ訪問した、編集部。
ワイナリーの外観、いかがでしょうか?
正直、このエリアだけ別世界のように感じています。
近未来のような…別荘のような…
早速、編集長が…「おれ…ここに住みたい、こんな家がええな~。」と笑
到着1分も待たずして、編集長お気に入りNo,1のおしゃれワイナリーになりました!!

今回は、店内と付随している工場の見学と試飲をさせていただきました♪

MEMO
MGVsワイナリーでは、ガラス越しにタンク室、ビン詰室などを見ることができます。

さて、試飲の前にMGVsワイナリーをご紹介させていただきます!!

「コンセプト」そして、実り豊かな土地を未来に

山梨県勝沼地区の日川のほとりに点在する葡萄畑と醸造所。
心地よい風の通り道に位置する葡萄畑は水はけがよく、太陽の光をいっぱい浴びて成長した、香りのよい葡萄が豊かに実ります。
そして勝沼地区だけではなく、同じ山梨県内でも地域によって、それぞれに味わい深い葡萄ができます。

葡萄畑の環境に合わせて的確なタイミングで摘み取り、
この土地の気候風土の恵みをそのまま、畑ごとにワインを醸造し、素直な味わいを届けたい!!
土地と正面から向き合い、この土地でしかできない葡萄の味そのもののワインを愉しみたい!!

とのこと…
シンプルなことを実践することが、実り豊かな土地を未来につなげることになると考えるのが、MGVsワイナリーです。

「醸造家」の想い

風土に根付いた正直なワイン造り。
ワインは、自然と密着していると同時に創り手の想いが色、香り、味などに反映されます。
今回は、MGVsワイナリーの栽培家と醸造家の想いをご紹介します。

栽培家の想い
世界中で様々な葡萄が栽培され、その葡萄から各ワイナリー独自のワインが醸造され流通しています。
しかし、同じ品種の葡萄でも栽培している地域や気候によって、またワイナリーでの醸造技術によって味の違ったワインとなります。
そのため、ワインは100%葡萄果汁そのままが発酵したものなので、栽培した葡萄が非常に重要になります。
同じ葡萄品種でも栽培する地域によって特性があり、その特徴を活かせる葡萄造りをし、
より良いワインになるよう、栽培従事者は日々畑に行き葡萄の様子を確認し我が子のように一つ一つ手を掛けているのです。

MGVsワイナリーのすぐ脇には日川という清流が流れており、その側にある葡萄畑は日川によってできた畑です。
2尺も掘れば川砂や丸みの帯びた石がよくでてきます。この台地と水、そして笹子おろしの風によって葡萄も成育されます。
しかし、自然相手なのでその年の天候や病害虫によって大きく影響されます。
天候だけは人間の力ではどうすることもできません。
そのため、自然環境や天候により必ずしも栽培者が思った葡萄に育ってくれるのではありません。
しかし毎日葡萄を見れば様子がよく分かります。当たり前のことを毎日確認し、最良の方法で葡萄造りを行うこと。
常に最新の情報を仕入れながら葡萄と向き合い、より良いワインができるよう精進している栽培チームなのです。

醸造家の想い
風土に根づいた葡萄畑では、その畑の作り手の努力を含め、風土の特徴いわゆるテロワールがぶどうに反映されます。
そのため、畑毎に仕込むことが必要だと考えられます。
MGVsワイナリーにとって、毎年どんな葡萄ができあがるのか、期待が膨らみます。
そして、造り手の思いも込め発酵タンクの容量いっぱいまで、可能な限り畑毎に仕込むことに挑戦しています。

ワイナリーでも、夜になり静かになると発酵しているタンクから、プツプツと湧きあがる炭酸ガスの音が聞こえてきます。
声を掛けながらタンクに手を掛ければ、酵母にも造り手の思いが伝わるように感じられることがあると思っています。
そして、酵母という生き物の力で美味しいワインに仕上げるのが、この時期です。

発酵終了後、滓引きをおこない酵母を取り除くことで、ワインが輝きはじめます。
これが熟成工程です。
そして熟成期間を経て、食事と共にワインが飲まれることで、お互いの美味しさが引き出されるものだと思っています。
目指すのは、食事を美味しくさせるワインであり、果実の風味が長く口の中に残るワインです。
ワイン造りは、その醸造工程がシンプルだからこそ、風土や、天候、畑の作り手の努力などが感じられる飲み物です。
MGVsワインを飲んでいただける方に、風土の特徴を感じてもらい、
このテロワールが伝わるようなワイン造りがしたいと強く思っているのが、MGVsワイナリーの醸造家なのです。

テロワールへのこだわり

日川沿いの風の通り道に位置する水はけのよい勝沼周辺の葡萄畑や、標高500m前後の丘陵地帯にある寒暖の差の大きい穂坂の葡萄畑。
同じ葡萄品種でもその土地により、それぞれの味わいを楽しむことができます。
そして同じ畑でも、日照量や雨量、気温など、その年々によって変わる気候の恵みを楽しむこともできます。
畑ごとにワインを醸造し、その土地の気候風土の恵みをそのまま!!
テロワールにこだわることがワイン造りの原点であり、楽しみでもあるのです。

《K1/B1》勝沼地区(甲州市)

勝沼町は甲府盆地の東に位置し、大部分が扇状地上や山麓斜面に立地しています。
そして、日当たりがよく水はけの良い砂礫質の土壌が広がっていてます。
そのため、葡萄栽培に特化できています!!

岩崎
標高400m程に位置する上岩崎・下岩崎は甲州種葡萄発祥の地といわれています。
等々力
日川に沿って東から吹きつける「笹子おろし」により、寒暖の差が大きくなり糖度の高い葡萄ができあがります。

《K2/B2》一宮地区(笛吹市)

一宮町は勝沼町の西に隣接し、土壌が肥沃で水はけがよく昼夜の寒暖の差が大きいなど果樹栽培に適した地です。
笛吹市全体では桃・ぶどうの日本有数の果樹地帯として栽培面積、収穫量、出荷量いずれも全国一を誇っています!!

北野呂
等々力の隣に位置する北野呂も長い日照時間と風を受け、質の高い葡萄ができあがります。
金田
標高300m程に位置し、香り高い葡萄ができあがります。

《K3/B3》穂坂地区(韮崎市)

穂坂町は甲府盆地の北西に位置し、標高500m前後の丘陵地帯となっているため日照時間が長く、また風通しもよく寒暖の差も大きいです。
そのため、糖度の高いぶどうができあがります。
北に八ヶ岳、南に富士山、西に南アルプスの山々を望む絶好のロケーションにもなっています!!
インスタグラマー大集合~!!笑

宮久保
日照時間の長さと標高の高さからちょうどよい寒暖の差をうみ、高品質な葡萄ができあがるのです!!
三之蔵
標高600m程に位置し風が心地よく感じられ水はけもよく、糖度の高い葡萄ができあがるのです!!

《K4/B4》市町村

上記3地区以外の地域で栽培された葡萄も、土壌や地形などによってそれぞれの特徴が感じられます。
そして、その地域の味わい深い葡萄を楽しむことができます。
その地域のみの葡萄で醸造したワインも造っています。

《K5/B5》山梨県

「甲州葡萄」は山梨の露地葡萄期を締めくくる品種で、山梨県内のあらゆる地域で栽培されています。
また「マスカットベーリーA」も日本国内では山梨県での栽培が一番多く、生食用としても濃厚な味わいを楽しめます。
そして、赤ワイン向け葡萄として最も多く作られている品種です。山梨県内の各地域の選りすぐりの葡萄をブレンドすることにより、更に味わい深くなると醸造家が判断したワインも造っています。

ワイン造り

MGVsワイナリーでは、4つのステップを踏んでます♪

step1 「葡萄造り」
ワイン造りの原点は葡萄造りです。葡萄があって初めて、ワインが造れます。
良く熟した葡萄は、果物の中で最も糖度が高くなります。甘く感じられる果物は他にも沢山あります。
しかし、葡萄は酸味が強いのでそれほど甘くは感じられません。
糖度が一番高いことは意外と知られていないかもしれませんが、酵母はそれを知っているのです。
step2 「仕込み」
酵母は単細胞の小さな生物です。果汁の糖分を食べて、アルコールを造ってくれます。
その果汁の糖度に応じて、アルコール度数も高くなります。
しかし、アルコール度数が高いだけでは、美味しいワインとは限りません。
葡萄由来の風味の強さと、アルコール度数の調和がとれて、はじめて美味しい飲み物になります。
風土・天候・葡萄作りの努力、そして酵母、醸造に携わるメンバーの思いが合算されたものが、ワインだと考えています。
MGVsワイナリーの醸造設備では、酵母に適した低温の温度管理ができる発酵タンクがあります。
そして、果汁が空気に触れる可能性がある箇所には、窒素ガスがふんだんに噴き出すシステムがあり、
色や香がきれいなワインができあがります。
step3 「熟成」
熟成工程では、滓引き等で酵母をとり除き、輝きのある液体に仕上げます。
発酵の終わった酵母を含んだ滓は、果実の風味をマスキングするような臭いもあります…
そのため、それを取り除くことで、果実風味の豊かな飲み物に変わっていきます。
早くて白ワインで半年、赤ワインで1年程度の熟成期間を経て、瓶詰めをします。
瓶詰めはクリーンルームで行い、異物や埃などの混入を防ぎ、衛生管理を徹底しています。
step4 「蔵出し」
瓶詰め後のワインは、瓶で熟成させることにより、香味が丸くなるのです。
そして、醸造家が熟成度のタイミングを判断し、蔵出しをします!
MEMO
公式ホームページより引用している部分もあります。

工場へGO!

外観でとてもとても満足をしている編集部…
いざ、店内へ!!
人が多く…顔が写ってしまったため…奥のスペースをパシャり!!
混んでいなければ、レジのそばで試飲などができたのですが…先約などがいたため、今回はこちらで試飲♪

そして、試飲後…工場内へ!!
試飲コーナーは最後に♪

いかがでしょうか?全てガラス越しにみましたが…
機械ももちろん綺麗なのですが…内装綺麗すぎません?笑
ほんとうに漫画の実験室のような綺麗さです。
樽も脳内が理路整然になっているかのような美しさ…
これはまた違った惹かれ方がありますね…!!

試飲へGO!?

お待たせしました!!試飲です!!
っと…その前に…ワインのご紹介です♪

MGVsワインの秘密

見てください!!
MGVsワイナリーでは、こんなレギュレーションが!しかも公開されている!!
デザインが美しい…UIがしっかりしていますよね!!
逆に、ワインなどは公開した方が安心感も与えられていいのかもしれませんね!!

なので…色々と気になるところがあると思いますので、ご紹介します♪

葡萄品種

「甲州」
MGVsワイナリーの白ワインは、甲州葡萄から造ります。
甲州葡萄は勝沼町で古くから栽培されている日本独自の品種で、熟すると果房が藤色になります。
この果汁は、緑がかった白色ですが、空気に触れて、酸化されると褐色に変色しやすいのです。
できるだけ空気に触れないようにして、きれいな果汁を得ることが重要です。

「マスカットベーリーA」
赤ワインは日本ワインの祖・川上善兵衛氏が開発した日本固有の品種、マスカットベーリーAという葡萄です。
マスカットベーリーAも日本固有の品種で、果皮が黒い葡萄です。
赤ワイン造りは、この果皮の色素をワインに溶出させるため、
果皮や種と果汁がいっしょになったもろみを醸す発酵を行います。

商品名

実は、MGVsワイナリーはラベルデザインがすごいんです…
統一性があり、本当にかっこいいんです!!

決められた表示のルールを紹介します!
MGVsのワイン名は、全てアルファベットと3ケタの数字によって表されているのです。
それは、葡萄の品種や産地特性だけでなく、仕込みと原料処理方法、発酵をはじめとした製造方法をどのように選択していくのかによってワインの仕上がりが異なるため、どのような土地で取れた葡萄が、どのような醸造方法で製造されたのかを明確にするためだそうです!
理由も素敵ですね♪
では、アルファベットと数字を追っていきます♪

ファーストワード
最初は「K」もしくは「B」です!
Kは甲州、BはマスカットベーリーAを表します。

アルファベットの次からは全て数字になります。

セカンドワード
「葡萄の収穫地」を表します!
「1」は、勝沼地区。
「2」は、一宮地区。
「3」は、穂坂地区。
「4」は、市町村。
「5」は、山梨県。
を意味しています。
サードワード
「仕込み・原料処理方法」を表します!

「1」は、フリーラン。(自然に流出する一番果汁のことです。)
「2」は、ショートマセレーション。(短時間、果皮・種子と一緒に醸してからとる果汁のことです。)
「3」は、フリーラン+プレス混合。(自然に流出する一番果汁と加圧圧搾した混合果汁のことです。)
「4」は、プレス果汁。(加圧圧搾した果汁のことです。)
「5」は、濃縮果汁。(絞った果汁から水分のみをとばし糖度を上げた果汁のことです。)
「1」は、ブラッシュ。(白ワインのフリーランと同じ仕込みの果汁のことです。)
「2」は、セニエロゼ。(短期間、果皮・種子と一緒に醸してから抜き取った果汁のことです。)
「3」は、かもしロゼ。(果皮の色が少し抽出されたときに加圧圧搾した果汁のことです。)
「4」は、かもし赤。(果皮・種子と果汁を一緒にし果皮の色を十分に抽出した果汁のことです。)
「5」は、セニエ濃縮かもし。(セニエで抜き取り果皮の量が増え凝縮感のある色の濃い果汁のことです。)
フォースワード
「製造方法」を表します。
「1」は、ステンレスタンク発酵(ステンレスタンクでアルコール発酵しています。)
「2」は、ステンレスタンク発酵+シュールリー。(春(6ヶ月以上)まで滓引きをしないでステンレスタンク発酵しています。)
「3」は、ステンレスタンク発酵+樽熟成。(ステンレスタンクでアルコール発酵後に木樽に移し熟成しています。)
「4」は、樽発酵+ステンレスタンク貯蔵。(木樽でアルコール発酵後にステンレスタンクに移し熟成しています。)
「5」は、樽発酵+樽熟成。(木樽でアルコール発酵後に別の木樽に移し熟成しています。)
「6」は、オリジナルブレンド。(ワインの味わいによりさらなる深みを出すためのブレンドです。「アッサンブラージュ」ともいいます。)
「7」は、タンク内二次発酵(発泡ワイン)。(スティルワインをタンク内で二次発酵しています。(シャルマ方式))
「8」は、瓶内二次発酵(発泡ワイン)。(スティルワインを瓶内で二次発酵しています。(トラディショナル方式))
を意味しています。

そして、今回編集部は5本のワインを試飲させていただきました!
試飲ワインはこちら♪

・K216 一宮町 2017

・K113 勝沼町下岩崎 2017

・B553 GI Yamanashi 2016

・B153 勝沼町下岩崎 2016

・K537 GI Yamanashi スパークリングワイン

K216 一宮町 2017

編集長コメント

オークチップ初体験です!楽しみですね♪
香りは、いいですね!しっかりと樽を感じれます!
もちろん、甲州本来の葡萄の香りも消えていません。
味わいは、樽とは若干違いますね。
飲んでいるときのまろやかさは、樽の方が強い気がしますね。
しかし、後味の感じは非常に香ばしくて美味しいです!
意外とフレッシュ感があり酸味も強くスパイシーですね。

MGVsワイナリーコメント

マグヴィス初のオークチップを使用した甲州種100%ワインです!
約4週間、ワインに浸したことによって、
オークチップ由来の華やかなナッツ系の香りとスモーキーな味わいが特徴的な辛口ワインに仕上がっています。

MEMO
生産本数2,439本

K113 勝沼町下岩崎 2017

編集長コメント

香りは抑えられている感じがしますね。
果実感も樽感もともにほのかに、感じる程度です。
車の車内に置く、芳香剤のような味が…笑

悪い表現ではなく…!
ココナッツのような感じがします。酸味も結構強いですね。
そして、オークチップとは全然異なり、樽のほうが木材感は強く感じますね。
ただ、ここまで樽感をだしてしまうと、樽好きの僕でもちょっときついかも…
ワイン超上級者向けな気がします…

MGVsワイナリーコメント

2017年収穫の甲州のフリーラン果汁のみを使用し、アメリカンオーク樽で約2ヶ月貯蔵しました。
フレッシュでフルーティーな香りはそのままに、樽由来の複雑味が加わり、味に広がりを持った辛口ワインです。

MEMO
生産本数1,844本

B553 GI Yamanashi 2016

編集長コメント

この香りはすばらしいですね♪
マスカットベーリーAの本来の香りがしっかりしていますね。
ハイチュウのような甘い香りです♪笑
味わいも、めちゃめちゃ美味しいですね。
個人的にNo,2のサドヤのRUBYに匹敵…それ以上かもしれないです…
口に入れると、バランスの良い酸味、そして酸味を樽が包み込んでくれていますね。
最初から最後まで、口の中を楽しませてくれます♪


サドヤの記事及びRUBYの登場記事はコチラ
↓ ↓ ↓
【山梨ワイナリー訪問記】いざ、サドヤワイナリーへ! #1 【徹底比較】ソーシャルゲーム廃課金者と山梨ワインを飲み比べ!!

MGVsワイナリーコメント

2016年収穫のマスカットべーリーAをステンレスタンクで醸し、オーク樽で約8ヶ月貯蔵しました。
明るいルビー色の輝きがあり、樽由来の香りとイチゴのような甘美な香りと調和した優美なアロマ、柔らかいタンニンと酸味のバランスが感じられ、飲み飽きない楽しい赤ワインに仕上がっています。

MEMO
生産本数1,806本

B153 勝沼町下岩崎 2016

編集長コメント

非常にワインの色合いが妖艶な…エロさを感じません…?
大人の女性がお出迎えしているような雰囲気を感じさせます。
果実味が抑えられていて若干勢いは弱いですが、
バランスは悪くないですね。
このレベルまでいくと…完全に個人の趣味の範疇になっていると思います!

MGVsワイナリーコメント

勝沼町下岩崎地区の単一畑の葡萄で仕込んだ赤ワインです。
タンニン量とポリフェノール量を確保するために、完熟と糖度アップを目的にできるだけ遅摘みで収穫しています。
更に収穫調整については、房を小さく、果粒も出来るだけ小さく栽培することで濃い葡萄ができあがりました。
そして、新梢管理で棚を暗めにすることで日焼けを防ぐように栽培しています。
また、風通しのよい畑で夜温が低かったとこともあり、葡萄全体が均一に着色することができました。
フレンチとアメリカンのオーク樽で、約6ヶ月貯蔵した華やかなアロマとヴァニラのような香りと奥行きのある味わい深い赤ワインです。

MEMO
生産本数1,481本。
【日本ワインコンクール2017銅賞受賞】
  • IGPワインコンクール
  • 南フランスのニーム市で毎年開催されるIGP(地酒)ワインの公式コンクールです。
    生産者や醸造家、ソムリエ等が審査員となり700アイテム以上のワインを評価します。

  • インターナショナルワインチャレンジ
  • イギリスの首都ロンドンで毎年開催されるワインの国際コンクールです。
    プロのテイスター(マスターオブワインや優秀ソムリエ等)が審査を行い、1次~2次審査を経て金賞が与えられます。

  • ヴィナリスインターナショナル
  • 1994年より開催されている国際ワインコンクールです。3千種類ものアイテムが出品され、世界から募ったプロの醸造家が審査を行います
    より厳格な品質の鑑定が行われ、金賞を受賞するのは僅か2%以下です。

  • ヴィニタリー5ツ星ワイン
  • イタリアで毎年開催されるイタリアワインを主力とした最大の展示会です。
    展示会の開催前にプロのテイスターによる品評会が行われ、特に優秀なワインと評価されたものが、5ツ星のワインガイドに掲載されます。

  • ヴィニタリー国際ワインコンクール
  • イタリアで毎年開催される最大のワインの展示会です。開催前に醸造家やジャーナリスト等の専門家が世界のワインを審査、開催時に結果を発表します。
    3千以上の出品数で賞状の付与は僅か2%のみです。

  • ヴィニュロンアンデパンダンコンクール
  • フランス国内で自社畑でぶどうを栽培し収穫から醸造、ボトル詰めして出荷するまで全て自ら管理する生産者のワインを対象に行われるコンクールです。
    出品数は6千以上で2千人以上の専門家が審査します。金賞は10%以下です。

  • オランジュワインコンクール
  • 1952年に創設されたフランス、ローヌ地方のワインを対象としたコンクールです。
    毎年約3千アイテムの出品数で、ローヌワインの醸造家やソムリエ等のプロが審査を行います。
    出品数に対して金賞は10%以下です。

  • ガンベロ・ロッソオスカー賞
  • イタリアで最も権威あるガイド誌【ガンベロ・ロッソ】が発行するベーレベーネ・ロー・コストです。
    プロのテイスターが審査し、価格が13ユーロ以下のコストパフォーマンスに優れたワインにオスカー賞が与えられます。

  • コープワインコンクール
  • 南フランスのワイン生産者組合が開催している品評会です。
    30年以上の歴史を誇り、生産者、醸造家、ネゴシアンやジャーナリストを審査員に迎えブラインドにて評価を行います。
    500種類以上の出品で金賞は約16%ほどです。

  • 国際スパークリングワインコンクール
  • 2003年に開始された世界のスパークリングワインを対象とした品評会です。
    シャンパンを含む600アイテム以上の出品があり、世界各国からワインに精通したプロのテースターが審査を行います。
    金賞受賞比率は約5%です。

  • コルマールワインコンクール
  • フランス、アルザス地方のコルマール市で毎年開催されるアルザスワインを対象としたワインコンクールです。
    出品数は、約千アイテムでアルザスワインを専門とするプロの審査員が評価します。金賞は出品数の約18%です。

  • サクラワインアワード
  • 2014年から日本(東京)で開始されたプロの女性のみで審査をするワインコンクールです。
    世界各国から4千以上のアイテムが出品されソムリエやジャーナリスト等がブラインドにて点数評価を行います。金賞比率は約25%です。

  • サンフランシスコ国際ワインコンクール
  • 1980年より開始されたアメリカのサンフランシスコで毎年開催される国際ワインコンクールです。
    4千アイテム以上の出品ワインを専門家が審査を行います。カテゴリー毎のトップ評価も記載されます。金賞の比率は約15%です。

  • シャルドネ・デュ・モンド
  • 2003年より開催ているシャルドネ種のワインのみの品評会です。
    世界中から600以上のシャルドネ種のワインが出品されます。
    審査員はフランスのみならず世界各国からワインの専門家が参加します。金賞は僅か5%ほどです。

  • ジルベール&ガイヤール
  • 1989年にフランスのパリで創刊されたワイン専門のガイド誌です。
    毎年数回ソムリエを含むプロのテイスターが出品アイテムを試飲し採点を行います。評価点が80点以上を獲得したものに金賞が与えられます。

  • チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン
  • フランスで組織されたワインの研究機関である“インターナショナル ヴュー オブ ワイン”により毎年開催されるワイン品評会です。
    プロのテイスターによる品質を重視したもので、金賞は生産者の名誉といえます。

  • パリ農産物コンクール
  • フランスのパリで毎年開催される農産物を対象とした最大のコンクールです。
    カテゴリー毎にプロの審査員が配置され審査を行います。
    ワインの出品数は1万アイテム以上で、金賞が与えられるのは全体の8%のみです。

  • フェミナリーゼコンクール
  • フランスのパリで2007年から毎年開催されている女性審査員のみのワインの品評会です。
    ワインの業界から選ばれたプロの女性(ソムリエ、醸造家、業界関係者等)で4千種以上のワインを採点、金賞の付与は5%以下です。

  • ブリュッセル国際ワインコンクール
  • 1995年にベルギーの首都ブリュッセルで創設された国際ワインコンクールです。
    世界50カ国より9千アイテム以上が出品され醸造家やソムリエ、ジャーナリスト等で審査を行います。金賞は約5%、特別金賞は約1%です。

  • ブルゴンディアドールコンクール
  • 1996年からフランス政府とEUの審査機関から公認されたブルゴーニュのワインを対象としたコンクールです。
    審査員は、有名シェフやソムリエ、醸造家等で、出品数は800アイテム程です。金賞はその内15%ほどです。

  • ベルリンワイントロフィー
  • ドイツの首都ベルリンで毎年開催される国際ワイン品評会です。
    世界各国から3千アイテム以上のワインをソムリエやネゴシアン、ワイン醸造家等が採点し、その合計点でメダルが付与されます。

  • ポルトガルワイントロフィー
  • ポルトガルのポルトで2014年に開始された国内最大の国際ワインコンクールです。
    世界中からプロのテイスターが集まり1,800以上のアイテムを審査を行います。得点の高いものに金賞が与えられます。金賞比率は約10%です。

  • ボルドーコンクール
  • 1956年にボルドー地方の農業商工会議所が創設して始まったボルドーワイン専門の品評会です。
    審査員はボルドーワインの生産者、醸造家等の経験豊かなプロが行ないます。
    4千以上の出品数で金賞を獲得出来るのは約10%です。

  • マコンワインコンクール
  • フランスのブルゴーニュ地方、マコン地区で開催されるワインコンクールです。
    ギネスにも登録されている最大級のコンクールです。
    9千アイテム以上のフランスワインが出品されワイン専門家が審査します。
    金賞は僅か約8%です。

  • ムンドゥスヴィーニ
  • ドイツのノイシュタッドで開催される国際ワイン品評会です。40カ国以上の国から5千アイテム以上の出品されます。
    ソムリエ、コンサルタント、ジャーナリスト等が試飲し採点、90点以上のアイテムに金賞が与えられます。

  • ラングドックルーションワインコンクール
  • 1984年に南フランスのナルボンヌ市でワイン学者によって創設されたラングドック産のワインを対象としたコンクールです。
    千アイテム以上の出品アイテムをプロの審査員が評価し、金賞は出品数の約4%ほどです。

  • リヨン国際ワインコンクール
  • フランスの美食の都市、リヨン市で毎年開催されている国際ワインコンクールです。
    6千種類以上のワインが世界から出品されます。
    醸造家、ソムリエ、生産者等のプロが審査を行います。金賞は約13%です。

  • ワインスペクテイター
  • 世界で最も購読されている米国のワイン専門誌です。
    雑誌の企画で世界のワインをプロのテイスターによる評価を行っています。
    高評価のものに100点満点で点数を与え、トップ100やベストバリュー等で掲載される。

  • パーカーポイント
  • ワイン評論家 ロバート M. パーカー, Jr.氏が自ら創刊した「ワインアドヴォケイト」誌にて評価する、
    100点満点で表すワインの評価法です。

  • ワインエンスージアスト
  • アメリカのワイン雑誌「ワインエンスージアスト」による、100点満点で表すワインの評価法です。
    また、毎年その年のベストバイトップ100を発表します。

  • デキャンター・ワールドワイン・アワード
  • イギリスのワイン雑誌「デキャンター」による国際ワインコンクールです。
    金賞(ゴールド)・銀賞(シルバー)・銅賞(ブロンズ)を決定します。
    金賞の中から地域ごとのリージョナル・トロフィー、
    さらにその中でも優れたワインにはインターナショナル・トロフィーが授与されます。

  • 日本ワインコンクール(旧国産ワインコンクール)
  • 国産原料ぶどうを使用した日本ワインの品質と認知度の向上を図るとともに、各産地のイメージと日本ワインの個性や地位を高めるために開催されるコンクールです。金賞、銀賞、銅賞、奨励賞が授与されます。2015年4月に「日本ワインコンクール」に名称変更されました。

  • 日本で飲もう最高のワイン
  • 国産・輸入の区別なく、日本国内で飲めるワインの中から最も美味しいワインを 探すことを目的に、
    ワイン専門家だけでなく、一般ワイン愛好家も審査員に加えた、さまざまな視点が反映されるワイン品評会です。

K537 GI Yamanashi スパークリングワイン

編集長コメント

非常に飲みやすいです!!
甲州のスッキリさが、うまい具合にマッチングされて飲みやすいです!
水筒にいれて飲んでもいいくらいです♪笑
若干、甲州独特の苦味も感じますが…それほど気にならないですね!!

MGVsワイナリーコメント

スティルワインをタンクで2次発酵させたシャルマ方式で作りました。
甲州特有の香りと味わいが、なめらかな泡ときれいに調和され、まろやかな仕上がりになっています!

MEMO
生産本数1,014本

そうだ、MGVsワイナリーへ行こう!

空間で惹きこみ、味で感動させる「MGVsワイナリー」。
編集長お気に入りNo,1のおしゃれワイナリーにも輝いている「MGVsワイナリー」。
ワイン好きにはたまらない時間になること間違いなし!!

ぜひ、休日はMGVsワイナリーでワインを楽しんでみてください♪

関連情報

MGVsワイナリー 基本情報

MGVsワイナリー 基本情報
社 名: 株式会社塩山製作所
所在地: 〒409-1315 山梨県甲州市勝沼町等々力601-17
電話番号: Tel:0553-44-6030
営業時間: 9:30〜16:30 火曜日※時期に応じて、水曜日も
HP: 公式ホームページ

勝沼エリア

勝沼エリア

柏和葡萄酒

ワイナリー名
柏和葡萄酒
住所
山梨県甲州市勝沼町勝沼3559
電話番号
0553-44-0027
営業時間/定休日
一般受付をしておりません。
公式サイト
ホームページへ

フジッコワイナリー

ワイナリー名
フジッコワイナリー
住所
山梨県甲州市勝沼町下岩崎2770-1
電話番号
0553-44-3181
営業時間/定休日
9:00〜17:00/12/29〜1/4
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、フジッコワイナリーへ #1

まるき葡萄酒

ワイナリー名
まるき葡萄酒
住所
山梨県甲州市勝沼町下岩崎2488
電話番号
0553-44-1005
営業時間/定休日
8:30〜17:00/年末年始
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】まるきぶどう酒Part1《歴史編》 【山梨ワイナリー訪問記】まるきぶどう酒Part2《工場編》 【山梨ワイナリー訪問記】まるきぶどう酒Part3《タンク室編》 【山梨ワイナリー訪問記】まるきぶどう酒Part4《樽室編》 【山梨ワイナリー訪問記】まるきぶどう酒Part5《地下貯蔵庫編》

丸藤葡萄酒

ワイナリー名
丸藤葡萄酒工業
住所
山梨県甲州市勝沼町藤井780
電話番号
0553-44-0043
営業時間/定休日
9:00〜16:30/年末年始
公式サイト
ホームページへ

勝沼醸造

ワイナリー名
勝沼醸造
住所
山梨県甲州市勝沼町下岩崎371
電話番号
0553-44-0069
営業時間/定休日
9:30〜16:30/12/29〜1/4
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、勝沼醸造へ #1

イケダワイナリー

ワイナリー名
イケダワイナリー
住所
山梨県甲州市勝沼町下岩崎1943
電話番号
0553-44-2190
営業時間/定休日
9:00〜17:00/不定休
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、イケダワイナリーへ #1

岩崎醸造

ワイナリー名
岩崎醸造(ホンジョーワイン)
住所
山梨県甲州市勝沼町下岩崎957
電話番号
0553-44-0020
営業時間/定休日
8:30〜17:00/日・祝日、第4、5土曜
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、岩崎醸造へ #1

くらむぼんワイン

ワイナリー名
くらむぼんワイン
住所
山梨県甲州市勝沼町下岩崎835
電話番号
0553-44-0111
営業時間/定休日
9:00〜17:00/年末年始
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】くらむぼんワインPart1《資料館編》 【山梨ワイナリー訪問記】くらむぼんワインPart2《ぶどう畑編》

シャトー勝沼

ワイナリー名
シャトー勝沼
住所
山梨県甲州市勝沼町菱山4729
電話番号
0553-44-0073
営業時間/定休日
9:00〜17:00/12/31・1/1
公式サイト
ホームページへ

マルサン葡萄酒

ワイナリー名
マルサン葡萄酒
住所
山梨県甲州市勝沼町勝沼3111-1
電話番号
0553-44-0160
営業時間/定休日
9:00〜17:00/不定休
公式サイト
ホームページへ

原茂ワイン

ワイナリー名
原茂ワイン
住所
山梨県甲州市勝沼町勝沼3181
電話番号
0553-44-0121
営業時間/定休日
9:00〜17:00/年末年始
公式サイト
ホームページへ

グランポレール勝沼

ワイナリー名
グランポレール勝沼(サッポロビール)
住所
山梨県甲州市勝沼町綿塚字大正577
電話番号
0553-44-2345
営業時間/定休日
10:00〜16:30/水曜・年末年始
公式サイト
ホームページへ

シャトージュン

ワイナリー名
シャトージュン
住所
山梨県甲州市勝沼町菱山3308
電話番号
0553-44-2501
営業時間/定休日
9:00〜17:00/水曜、第3土日
公式サイト
ホームページへ

菱山中央醸造

ワイナリー名
菱山中央醸造
住所
山梨県甲州市勝沼町菱山1425
電話番号
0553-44-0356
営業時間/定休日
8:00〜17:00/不定休
公式サイト
ホームページへ

錦城葡萄酒

ワイナリー名
錦城葡萄酒
住所
山梨県甲州市勝沼町小佐手1833
電話番号
0553-44-1567
営業時間/定休日
9:00〜17:00/土(午後)日祝日・年末年始
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、錦城葡萄酒へ #1

マンズワイン

ワイナリー名
マンズワイン
住所
山梨県甲州市勝沼町山400
電話番号
0553-44-2285
営業時間/定休日
9:00〜17:00/年末年始
公式サイト
ホームページへ

ダイヤモンド醸造

ワイナリー名
ダイヤモンド酒造
住所
山梨県甲州市下岩崎880
電話番号
0553-44-0129
営業時間/定休日
10:00〜17:00/年末年始
公式サイト
ホームページへ

蒼龍葡萄酒

ワイナリー名
蒼龍葡萄酒
住所
山梨県甲州市勝沼町下岩崎1841
電話番号
0553-44-0026
営業時間/定休日
9:00〜17:00/年末年始
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、蒼龍葡萄酒へ! #1

大泉葡萄酒

ワイナリー名
大泉葡萄酒
住所
山梨県甲州市勝沼町下岩崎1809
電話番号
0553-44-2872
営業時間/定休日
8:00〜17:00/日曜・祝日
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、大泉葡萄酒へ #1

シャトーメルシャン

ワイナリー名
シャトーメルシャン
住所
山梨県甲州市勝沼町下岩崎1425-1
電話番号
0553-44-1011
営業時間/定休日
10:00〜16:30/火曜・年末年始
公式サイト
ホームページへ

東夢ワイナリー

ワイナリー名
東夢ワイナリー
住所
山梨県甲州市勝沼町勝沼2562-2
電話番号
0553-44-5535
営業時間/定休日
10:00〜16:30/年末年始
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、東夢ワイナリーへ #1

ベルフォーレワイナリー勝沼

ワイナリー名
ベルフォーレワイナリー勝沼(シャトレーゼ)
住所
山梨県甲州市勝沼町勝沼2830-3
電話番号
0553-20-4700
営業時間/定休日
10:00〜17:00/火曜・年末年始
公式サイト
ホームページへ

盛田甲州ワイナリー

ワイナリー名
盛田甲州ワイナリー
住所
山梨県甲州市勝沼町勝沼2842
電話番号
0553-44-2003
営業時間/定休日
11:00〜16:00/年末年始
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、盛田甲州ワイナリーへ! #1 【山梨ワイナリー訪問記】いざ、盛田甲州ワイナリーへ! #2 【山梨ワイナリー訪問記】いざ、盛田甲州ワイナリーへ! #3

中央葡萄酒

ワイナリー名
中央葡萄酒(グレイスワイン)
住所
山梨県甲州市勝沼町等々力173
電話番号
0553-44-1230
営業時間/定休日
9:00〜16:30/年末年始
公式サイト
ホームページへ

麻屋葡萄酒

ワイナリー名
麻屋葡萄酒
住所
山梨県甲州市勝沼町等々力166
電話番号
0553-44-1022
営業時間/定休日
9:00〜16:30/年末年始
公式サイト
ホームページへ

白百合醸造

ワイナリー名
白百合醸造(ロリアンワイン)
住所
山梨県甲州市勝沼町等々力878-2
電話番号
0553-44-3131
営業時間/定休日
9:00〜17:00/年末年始
公式サイト
ホームページへ

大和葡萄酒

ワイナリー名
大和葡萄酒
住所
山梨県甲州市勝沼町等々力776-1
電話番号
0553-44-0433
営業時間/定休日
10:00〜17:00/年末年始
公式サイト
ホームページへ

MGVsワイナリー

ワイナリー名
MGVsワイナリー
住所
山梨県甲州市勝沼町等々力601-17
電話番号
0553-44-6030
営業時間/定休日
9:30〜16:30/火曜
公式サイト
ホームページへ

勝沼第八葡萄酒

ワイナリー名
勝沼第八葡萄酒
住所
山梨県甲州市勝沼町等々力53
電話番号
0553-44-0162
営業時間/定休日
8:00〜22:00/不定休
公式サイト
ホームページへ

GI Yamanashiの定義

地理的表示「山梨」生産基準
1 酒類の産地に主として帰せられる酒類の特性に関する事項
(1)酒類の特性について
イ 官能的要素
山梨ワインは、甲州やマスカット・ベーリーAなどの山梨で古くから栽培されているぶどうや、ヨーロッパを原産とするヴィニフェラ種など、様々なぶどう品種について、山梨の自然環境に根付くよう品種改良や栽培方法等の工夫を行ってきたことにより、ぶどう本来の香りや味わいといった品種特性がよく顕れた、総じてやや穏やかな酸味を有するバランスの良いワインである。
その中でも甲州を原料としたワインは、口中で穏やかな味わいを感じることができ、またドライなワインはフルーティーな柑橘系の酸味を有する。
また、マスカット・ベーリーAを原料としたワインは、鮮やかな赤色の色調を有し、甘さを連想させる香りとタンニンによる穏やかな渋みを有する。
さらに、ヴィニフェラ種を原料とした白ワインは、やや穏やかな酸味とよく熟したヴィニフェラ種特有の果実の香りを有し、口に含むとボリューム感に富んでいる。ヴィニフェラ種を原料とした赤ワインは、しっかりとした色調を有し、タンニンによる十分な渋みとふくよかさのバランスが良い。

ロ 化学的要素
山梨ワインは、アルコール分、総亜硫酸値、揮発酸値及び総酸値が次の要件を満たすものをいい、発泡性を有するものも含む。
(イ) アルコール分は8.5%以上20.0%未満。ただし、補糖したものは上限値を15.0%未満とし、甘口のもの(残糖分が45g/L以上のものをいう。以下同じ。)は下限値を4.5%以上とする。
(ロ) 総亜硫酸値は250mg/L未満(甘口のものを除く。)。
(ハ) 揮発酸値は赤ワインで1.2g/L以下。白ワイン及びロゼワインで1.08 g/L以下。
(ニ) 総酸値は3.5g/L以上。

(2)酒類の特性が酒類の産地に主として帰せられることについて
イ 自然的要因
山梨県は、西側の県境を走る赤石山脈系の高山群と、南側の県境から北東に伸びる富士火山系の高山群に囲まれた山間地である。海洋の影響が少ないため、梅雨や台風の影響を受けにくく、盆地特有の気候として、日中は気温が上昇するが、朝夕は大きく気温が低下するため、1日の気温差が大きい。
この自然環境により、ぶどうの成育期においては、梅雨による多湿の影響が少なく、成熟期においても台風等による風害や日照不足を原因とする病害が発生しにくいため、ぶどうの栽培に適しており、ぶどうの着色や糖度などの品質全体に良い影響を与えている。ぶどう栽培地は、主として富士川の支流流域に沿って広がっている。多くのぶどう栽培地は、花崗岩及び安山岩の崩壊土から成る、土層が深く肥沃で排水も良好な緩傾斜にある。このような好条件を有するため、ぶどうは健全でよく熟し品種特性が良く維持されたバランスの良いワインとなる。

ロ 人的要因
山梨ワインの生産は、1870年頃から始まったといわれている。当時は、栽培されたぶどうのほとんどが生食用として消費されており、その余剰によりワインの生産が行われていた。ぶどうの栽培量が増加しても、ワインに加工し販売することができたため、農家は過剰生産を恐れずにぶどう栽培に取り組むことができ、ぶどう栽培技術の創意や改善が重ねられていった。これにあわせて、ワインの製造量も増加し、醸造技術も蓄積されていくなどの好循環が生まれ、地域の経済発展を担ってきた。
このようなワイン産業に対しては、明治時代より、政府や山梨県庁、市町村が法的整備や資金支援、品種改良に関する研究開発など様々な支援を行ってきた。現在は、県の機関として山梨県工業技術センターの中にワインセンターが設置されており、ぶどう栽培やワイン醸造の研究開発のみならず、山梨のワイン製造者に対する技術指導・支援を行っており、高品質な山梨ワインを生産する技術的基盤になっている。また、山梨大学には1947年に発酵研究所(現ワイン科学研究センター)が設置されるなど、更なる研究開発や人材育成に注力している。
日本のぶどう産地はヨーロッパのぶどう産地に比べれば降雨量が多く、山梨県もぶどうの栽培期間中に雨の影響を受けるが、山梨県のワイン事業者は、垣根栽培のぶどうに傘をかけたり、雨の跳ね返りを防ぐため垣根の高い位置でぶどうを育てるなど、様々な工夫により、品質の高いぶどう栽培を根付かせてきた。
山梨ワインは、魚介類の食事とワインを合わせた際に生臭みの原因となる物質を発生させる鉄分の量が海外で生産されるワインと比べ総じて少ない。これは、山梨県は海洋に面していない地域でありながら、寿司屋が多いなど魚介類の消費を好む傾向があり、このような地域の人々の嗜好に合うようワインの製造工程で工夫が重ねられた結果であるといえる。山梨ワインは和食等の魚介類を材料に用いた食事と相性が良く、山梨県の人々にとってワインが身近な酒類として定着してきた一つの要因といえる。

2 酒類の原料及び製法に関する事項
地理的表示「山梨」を使用するためには、次の事項を満たしている必要がある。
(1)原料
イ 果実に山梨県で収穫されたぶどう(次に掲げる品種に限る。)のみを用いたものであること。
甲州、マスカット・ベーリーA、ブラック・クイーン、ベーリー・アリカントA、デラウェア、交配品種(甲斐ノワール、甲斐ブラン、サンセミヨン、アルモノワール、ビジュノワール、モンドブリエ)、ヴィニフェラ種(シャルドネ、セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・ブラン、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、カベルネ・フラン、ピノ・ノワール、プティ・ヴェルドー、シュナン・ブラン、ピノ・グリ、ヴィオニエ、シェンブルガー、リースリング、ゲベルツトラミナー、ミュスカデ、サンソー、テンプラニーリョ、マルベック、タナ、アルバリーニョ、サンジョベーゼ、ネッビオーロ、バルベーラ、ピノ・ムニエ、ジンファンデル、ツバイゲルトレーベ、グルナッシュ、カルメネール、プティ・マンサン)

ロ 酒税法第3条第13号に規定する「果実酒」の原料を用いたものであること。ただし、同法第3条第13号ニに規定する香味料(以下単に「香味料」という。)は、ぶどうの果汁又はぶどうの濃縮果汁(いずれも山梨県で収穫されたぶどうのみを原料としたものに限る。)に限り用いることができる。

ハ 果汁糖度が、甲州種は14.0%以上、ヴィニフェラ種は18.0%以上、その他の品種は16.0%以上であるぶどうを用いること。ただし、ぶどう栽培期間の天候が不順であった場合には、当該ぶどう栽培期間を含む暦年内に収穫されたぶどうに限り、それぞれの必要果汁糖度を1.0%下げることができる。
なお、酒税法3条第13号ハに掲げる製造方法により製造するもののうち、他の容器に移し替えることなく移出することを予定した容器及び密閉できる容器等で発酵させることにより発泡性を有することとするものに用いるぶどうについては、甲州種は11.0%以上、ヴィニフェラ種は15.0%以上、その他の品種は13.0%以上であるぶどうを用いることができる。

ニ 原料として水及びアルコールを使用していないこと。ブランデー及びスピリッツについては、他の容器に移し替えることなく移出することを予定した容器で発酵させたものに、発酵後、当該容器にブランデー及びスピリッツを加える製法を行う場合に限り使用すること。

(2)製法
イ 酒税法第3条第13号に規定する「果実酒」の製造方法により、山梨県内において製造されたものであり、「果実酒等の製法品質表示基準(平成27年10月国税庁告示第18号)」第1項第3号に規定する「日本ワイン」であること。
ロ 酒税法第3条第13号ロ又はハに規定する製造方法により、糖類(酒税法3条第13号ハに掲げる糖類のうち、他の容器に移し替えることなく移出することを予定した容器及び密閉できる容器等で発酵させることにより発泡性を有することとするものに用いる糖類を除く。)を加える場合は、その加える糖類の重量が、果実に用いたぶどうの品種ごとに、それぞれ次の範囲内であること。
・ 甲州種 100ml当たり10g
・ ヴィニフェラ種85%以上 100ml当たり6g
・ その他の品種 100ml当たり8g
ハ ぶどうの収穫からワインの瓶詰を行うまでの補酸の総量が9g/L以下であること。
ニ 除酸剤については、総酸値を5g /L低減させるまで加えることができること。
ホ 製造工程上、貯蔵する場合は山梨県内で行うこと。
ヘ 山梨県内で、消費者に引き渡すことを予定した容器に詰めること。

3 酒類の特性を維持するための管理に関する事項
(1)地理的表示「山梨」を使用するためには、当該使用する酒類を酒類の製造場(酒税法(昭和28年法律第6号)第28条第6項又は第28条の3第4項の規定により酒類の製造免許を受けた製造場とみなされた場所を含む。)から移出(酒税法第28条第1項の規定の適用を受けるものを除く。)するまでに、当該使用する酒類が「酒類の産地に主として帰せられる酒類の特性に関する事項」及び「酒類の原料及び製法に関する事項」を満たしていることについて、次の団体(以下「管理機関」という。)により、当該管理機関が作成する業務実施要領に基づく確認を受ける必要がある。
管理機関の名称:地理的表示「山梨」管理委員会
住所:山梨県甲府市東光寺3-13-25地場産業センター2階
山梨県ワイン酒造組合内
電話番号:055-233-7306
ウェブサイトアドレス http://www.wine.or.jp
(2)管理機関は、業務実施要領に基づき、ぶどう栽培期間の天候が不順であったと認める場合には、直ちにその旨を公表する。

4 酒類の品目に関する事項
果実酒

別紙2 備考
酒類の地理的表示に関する表示基準(平成27年国税庁告示第19号)第10項第3号の規定により、第9項の規定を適用しないものとして公示する商標その他の表示については、以下の「商標その他の表示」のとおりです。
商標その他の表示
甲州市原産地呼称ワインの認証条例(平成20年甲州市条例第34号)の規定により行う認証の表示
(注)地理的表示「山梨」の指定をした日前から使用していた上記の「商標その他の表示」に限り、地理的表示「山梨」の指定後も、引き続き表示を認めるものです。

5 統一ロゴ
地理的表示「山梨」のラベル表記は、GI Yamanashi(GI=Geographical Indicationの略)を統一ロゴとする。

MGVsワイナリー近隣情報

山梨ワインドットノム編集部は、【自称山梨ワイナリー観光大使】を役職に【醸造家徹底応援!】を掲げ活動をしております。
素人だからこそ感じる、ワインに対しての率直な感想を始め、ワインの基礎知識、山梨の美味しいお店などの情報を案内します。情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、各ワイナリーサイトの情報をご確認下さい。
各ワイナリーへのお問い合わせは、各ワイナリーサイト記載された方法でお問い合わせ願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です