【山梨ワイナリー訪問記】いざ、アルプスワインへ! #1

今回、我ら山梨ワインドットノムメンバーは【アルプスワイン】へ行ってきました!
編集長のNo,1ワインのアップデートが…!???

注意
長野県にある、株式会社アルプスとその製品群とは、関係ありません。

編集長お墨付きNo,1ワイナリー!?

アルプスワインはコチラ!!
本社とワイン販売の直営店の住所は異なります。
ご注意ください♪

アルプスワインには、近くの場所に本社と直営店の2つがあります♪

『本社』

MEMO
〒405-0068
山梨県笛吹市一宮町狐新居418

今回、こちらには訪問しておりません…次回は、こちらも訪問したいと思います!!

『直営店』

MEMO
〒405-0068
山梨県笛吹市一宮町狐新居323-1

編集長、ワイナリーへの一歩を!?

今回、こちらの直営店にてご挨拶と試飲をさせていただきました!!
メルヘンな感じの外観ですね!非常にかわいい!ディズニーランドのような感じがするのは私だけ…!?
さて、店内に入るため階段を登っていくと…

古樽が…しかも売られている…しかも、5,000円!!
編集長に買うよう仰ぐも、
「買うときは、新樽からじゃないと…!」と論破?されました。
彼の山梨ワインと樽へのこだわりは高いと見受けられます…笑

撮影勝負!?

そして…色々と写真をパシャりと撮っていましたが…
なんと!!

おすすめ撮影スポットまで用意が…!!インスタ映えポイント間違いなしですね!!

このスポットからの縦写真はがコチラ!

そして、横写真がコチラ!

噴水は…オシャレすぎますよね!!!!!

みなさんはどちらが好みですか??よければ、コメントください♪

店内へGO!

外観でとてもとても満足をしている編集部…
いざ、店内へ!

そして、奥へ進むと…

そして、ワインの棚の上には…

すごい受賞歴ですね!試飲が楽しみです♪

アルプスワインとは!?

さて、本題に。「アルプスワインとは、どんなワイナリーなのか…」
多くの受賞歴をもつワイナリーに迫ります…!!

アルプスワインの歴史

まずは歴史になります!
アルプスワインは、山梨県笛吹市(旧一宮町内)にある家族経営のワイナリーとのこと…
創業は昭和37年。
創業者の前島福平さんは、この地で米や肥料を扱う問屋を営んでいたそうです…
毎日一升瓶を空けるほどの酒好きであったため、ワイン造りにも関心を持ちはじめたのがきっかけ。
そして、当時地元狐新居区の公民館脇に醸造所を置き、
地域の農家さん達で運営されていた「御代咲醸造」を全面的に引き取り、
株式会社化したのが本格的な始まりだそうです。

社名の由来

「アルプスワイン株式会社」の社名由来は…
本社工場から甲府盆地の向こう正面に南アルプスの山並みが綺麗に見えることから、本人が名づけました。
現在は創業者の息子である前島了が代表取締役、その子供である3兄弟がそれぞれ営業、醸造、販売担当として役割分担し、中心を担っています!

アルプスワインの今

「より多くの方に気軽にワインを楽しんで頂きたい。美味しさがまず大事。難しい事は抜き。」
創業当時の考えを今日でも大切に、甘口から辛口まで、多種多様なワイン造りに挑戦してきているアルプスワイン。

そして、
「Small Winery、High quality.」
合言葉を実現させ、さらに本格的な食中酒向けワインを造るため、
2004年より特区制度を活用した自社管理畑を取得。
その畑のぶどうから醸造するプレミアムワイン「プラチナコレクション」シリーズを製造開始。
品種の個性を尊重しつつ、ワインとしてのクオリティを追求して行くシリーズです。
国内最大級のワインコンクールにて毎年、高評価を頂いております!(編集長、どハマりです…笑)

また、新世代のニュースタンダードとしてシンプルでクリーンな醸造を目指す
「ジャパニーズスタイルワイン」のシリーズ。
こちらも国際的に評価をもらい、国外への輸出も開始しているとのこと…!!

醸造家の感性を最大限に生かした「アサンブラージュType R」シリーズ。
ブレンドワインにしか表現できない絶妙なバランス感が好評をいただいています!

そして、アルプスワインではワインの品質保持の観点より、
2012年から主要ワイン製品にスクリューキャップを順次採用。
これに伴い、2013年末までにほぼ全ての主要ワイン製品について、
750ml入りボトルへの移行を完了しているのです。
そして、小さな規模でも世界基準をクリアする製品造りを目標にしているとのこと!!

MEMO
公式ホームページより引用している部分もあります。

いざ、試飲へ!!

アルプスワインには、黒板が!!(高校生ぶりに見ました…笑)


とても丁寧!!わかりやすい!

そして、左側が無料試飲、右側が有料試飲です!

「左側」

「右側」

非常に多くの試飲ができますね!!

注意
場合によっては、試飲できないワインもあります。

試飲コメントの前に…
アルプスワインには、7種のブランドがあります。
7種のブランドのご紹介です♪

必見!!!
↓↓

プラチナコレクション
自社管理畑・契約畑を取得した2004年より醸造を開始した、フラッグシップシリーズです。
醸造家の持てる力をすべて注ぎ込み丁寧に造られた、味わい深い逸品たちです。
国産ワインコンクールで2009年・2013年に金賞に輝いたマスカットベーリーAをはじめ、シャルドネ、メルロー、日本では珍しいシラー、その他にも契約畑から採れた他の品種などのワインがあります。
アサンブラージュ Type R
醸造家の感性が形となったアドリブ的なブレンドワイン製品シリーズです。
「理由はわからないけど、とにかく美味しい。」がテーマのワインです。
品種のイメージにとらわれることのない、ブレンドワイン新時代を予感させる味わいです。
ラインナップは赤と白とセニエ製法のロゼ。
自社管理畑産および契約畑産ぶどうを100%使用しています。
ビンテージ毎にブレンド比率が変わるのも楽しみのひとつです。
ジャパニーズスタイルワイン
日本ならではの『簡素な美しさ』をワインで表現するシリーズです。
笛吹市内産葡萄100%使用しています。ステンレスタンク醗酵のみのクリーンでシンプルな醸造が特長です。
甲州種、デラウェア種、マスカットベーリーA種の3種類があります。
品種本来のピュアな美味しさが味わえるワインシリーズは、繊細な和食の世界にも融合します。
輸出専用モデルもあり、国内外で高好評を頂いております。
ルナールワイン
手頃さが魅力のカジュアルワインのシリーズです。
フランス語で“狐”を意味する「ルナール」は、アルプスワインがある「狐新居という地名に由来して名付けられました。
中口のルナール・キュイジーヌ、辛口のルナール・ダルジャン・キュイジーヌ、甲州種100%の甲州トラディショナルテイストがあります。土産品としても人気が高いワインです。
「にじいろ」と「あじろん」
「にじいろ」は、生食としても人気が高い品種を使った保存料無添加のワインシリーズです。
食卓に彩りを添える虹色カラーのラベルが目印。個々の品種の持つイメージを色で表現しています。
葡萄の魅力そのままに、フレッシュでフルーティなワインに仕上げました。
姉妹品に「あじろん」があります。アジロンダック種を100%使った、芳醇な香りと優しい味わいが大人気の赤ワインです。
こちらも保存料無添加です。
スゥィートワイン
創業以来のロングセラー、ポートワインタイプの甘口ワインです。
甘く華やかな香りと、渋さのない飲みやすい味わいが根強い人気です。
そのままでも良し、レモンを浮かべて爽やかにサイダー割り、フルーツを沢山入れてサングリア風にしたりと、色んな楽しみ方があります。2013年より、以前の「甘味ぶどう酒」から「スゥィートワイン」にリニューアルしました。
ラベルや瓶も新しく、さらに愛らしく生まれ変わりました。
ルナール・グラン~Hommage de F~
創業者である前島福平さんのワイン好きが高じて、ワイナリーを創めました。
彼が愛飲していたのが一升ビンに入ったワインでした。
それをオマージュ的なワインがルナール・グランです。
「福平さんにも飲んでもらいたい現代の一升ビン」がコンセプトになっています。
容量は1800ml、笛吹市内産ぶどう100%の辛口ワインです。
甲州種の白ワインとマスカットベーリーA種の赤ワインがあります。
味わいは、バランスよくスタイリッシュです!

そして、今回編集部は9本のワインを試飲させていただきました!
試飲ワインはこちら♪

・ジャパニーズスタイルワイン 甲州・ジャパニーズスタイルワイン デラウェア

・ジャパニーズスタイルワイン マスカットベーリーA

・プラチナコレクション シャルドネ

・プラチナコレクション マスカットベーリーA

・プラチナコレクション シラー

・アサンブラージュ Type R

・あじろん

・デビュタント

ジャパニーズスタイルワイン 甲州

編集長コメント

香りは、甲州らしさが全面にでていますね♪
そして、バランスがめちゃめちゃいいですね!!
酸味もおだやかで、果実味もしっかり感じられて非常に美味しいです!!

アルプスワインコメント

「辛口甲州のニュースタンダード」!!
シンプルな醸造にこだわり、日本ならではの『簡素な美しさ』をワインで表現するのが、
ジャパニーズスタイルワインのシリーズです!
山梨県笛吹市産甲州種を100%使い、ステンレスタンクにて醸造したワインです。
洋梨や柑橘類を思わせる香りがあります。そして、口に含むと、白い花の香りも広がります。
また、透明感があり、いきいきとした酸と豊かな果実味がバランス良く広がります。
ビン熟成が進むと、本来の甲州種ならではの骨格と厚みが出てきます!

MEMO
【ジャパンワインチャレンジ 2018(日本)銀賞受賞】
【International Wine Challenge 2019(イギリス)銀賞受賞】

ジャパニーズスタイルワイン デラウェア

編集長コメント

デラウェアの辛口は、あまり見ないですね…
おお、本当に辛口…笑
あまり飲んだことのない初めての味…
ただ、デラウェアの味をあまり感じず…辛い笑
今までのデラウェアと異なるため、ギャップが処理しきれない…
難易度が高いです…笑

アルプスワインコメント

「辛口の白を探してる人はこのデラウェアを!!」
シンプルな醸造にこだわり、日本ならではの『簡素な美しさ』をワインで表現するのが、
ジャパニーズスタイルワインのシリーズです!
山梨県産の種有りデラウェアを100%使い、ステンレスタンクにて醸造したワインです。
グレープフルーツなどの柑橘類の香りに加え、すっきりとした後味の白ワインに仕上がっています!
しっかりした酸、デラウェアらしいピュアで豊かな果実味が口いっぱいに広がります。
まろやかで飲み飽きすることのない、デラウェア種ワインのニュースタンダードです!

MEMO
【ジャパンワインチャレンジ2018 銀賞受賞】

ジャパニーズスタイルワイン マスカットベーリーA

編集長コメント

香りはマスカットベーリーAの特徴がしっかりありますね!
強すぎず、バランスが非常によいですね。
重すぎずスッキリしていて飲みやすいですね♪
個人的には、もう少し重みが〜!笑

アルプスワインコメント

「山梨の赤といえば、このベーリーA種!!」
シンプルな醸造にこだわり、日本ならではの『簡素な美しさ』をワインで表現するのが、
ジャパニーズスタイルワインのシリーズです!
山梨県笛吹市産ベーリーA種を100%使い、ステンレスタンクにて醸造したワインです。
ルビー色に輝く明るい色調、フランボワーズやチェリーを思わせる華やかな香りが特徴です。
そして、軽快な酸と豊かな果実味が広がり、
おだやかに伸びていく、控えめで繊細なタンニンが心地良い印象を与えてくれます。
チャーミングで飲みやすいワインです!

MEMO
【ジャパンワインチャレンジ2018 銅賞受賞】

MEMO
プラチナコレクションシリーズには、
コルク臭の元となるTCAの除去を行なった「DIAMコルク」を使用しているのです!

プラチナコレクション シャルドネ

編集長コメント

香りが非常にいいですね♪
甲州とはまた異なる香り。そして、強過ぎず…
そのため、味単体で楽しめますね!!
若干の酸味がありながら、それがバランスをよくしていて非常に飲みやすいですね。

アルプスワインコメント

シャルドネ100%です!約6ヶ月の樽熟成もしています!
素直で豊かな果実味としっかりと広がる酸味、旨味のバランス良い白ワインに仕上がっています!

プラチナコレクション マスカットベーリーA

編集長コメント

これはど真ん中ですね!もう180kmストレートど真ん中、三球三振!!
完璧!!パーフェクトです。
おすすめワインNo,1が更新です!!
↑↑ここまで全くコメントになっていませんね笑笑
樽香とのバランスも非常によいです!
素材の味を殺さず、樽好きにも納得する樽の香りと味わい。
個人的には、最高の1本です。

アルプスワインコメント

このマスカットベーリーA種の赤ワインは、国内最大級のワイン品評会である“国産ワインコンクール”において、
初出品以来連続入賞を果たしている評価の高い銘柄でもあり、アルプスワインの代名詞ともなっています!!
マスカットベーリーA種にカベルネ・ソーヴィニヨン種をブレンドしています。
そして約6ヶ月の樽熟成もしています。
柔らかなアタック、チェリーやドライトマト、ピンクペッパーのニュアンスがあります!
細やかな渋味と穏やかな酸、ゆっくりと旨味が広がっていきます。
上品な余韻が心地よい赤ワインです!!

プラチナコレクション シラー

編集長コメント

ミントのような…鼻がスースーする感じがありますね…
本当に香りが強い!!笑
そして、酸味が非常に強い!!笑
なんか強烈な感じがするんですが、次第に落ち着いて香ばしさ、やわらかさ、がありますね!!
最初から最後までいい感じで消えていきますね!!

アルプスワインコメント

日本でも栽培が比較的珍しいシラー種100%の赤ワインです!
そして、約6か月の樽熟成もしています。
優しいアタック、プラムやブラックチェリー、上品なスパイスの香りがあります。
そして、豊かな酸と繊細ながら伸びの良いタンニンが心地良いと思っています。
大きく柔らかい余韻に包まれる1本です。

アサンブラージュ

編集長コメント

香りは非常に刺激的ですね笑(勝負を挑んでくる感じですね笑 もちろん、臭くはないです!)
鼻の先端に残ります笑
ただ、香りや酸味もバランスがよく心地よく飲めますね♪

アルプスワインコメント

「醸造家のセンスによるアドリブ的ブレンド赤ワイン!!」
“融合する”という意味の仏語「アサンブラージュ」です。
このシリーズは、醸造家のアドリブ的なセンスを活かし毎年そのブレンドが変わります…
そして、自社管理畑産および契約畑産の赤ワイン品種のみを使用した、複雑性と繊細さを合わせ持つワインです。
マスカットベーリーAを主体とし、ブラックチェリーやスパイスのニュアンスを感じさせるスタイリッシュかつエレガントな味わいに仕上がっています!

あじろん

編集長コメント

どんぴしゃで美味しいですね笑
ドンピシャっていうのも…
個人的には、アジロンダックのワインはこれが本来の姿!
こうあってほしいと思っています…
香りが甘く、誘惑し…
味わいも香りを裏切らず甘い!!
甘すぎて舌に残るわけでもなく…非常に美味しいです!!!
女性はこれを飲むべし!!

アルプスワインコメント

山梨で古くから栽培されてきましたが、病気に弱く生産量が少ないことから
“幻の葡萄”と呼ばれる「アジロンダック種」です!!
近年は、醸造用品種として再注目されています。
葡萄らしい芳醇な香りが特徴的な赤ワインです。
しっとりとした甘さと、おだやかに広がる酸味があります。

デビュタント

編集長コメント

甘いけれども、しっかりとアルコール感を感じますね…
上品な味わい…
実際に度数は12%もあります。
しかし、本当に美味しいですね!!
言葉ではうまく言えないですが、本当に美味しいです!!
飲みやすく…単体で飲んでも気分良くなりますね!
これが、シャインマスカットの素材の強さか…と思い知った感じがします。

アルプスワインコメント

創業50周年を迎えたアルプスワインが、ワイン造りと常に初心で向き合うために挑んだ全く新しいワインです!!
最高級葡萄品種のひとつである 「シャインマスカット種」を100%使用しています!!
皮ごと食べられ、甘く上品な芳香を持つ近年人気シャインマスカット。
ぶどうの特徴を活かし、セミスイートで 香りあふれるワインに仕上げました!
是非、お試しいただきたい逸品です!!

そうだ、アルプスワインへ行こう!

美味しさに重点を置いている「アルプスワイン」。
そして、編集長のNo,1のお気に入り山梨ワインが数ヶ月ぶりに更新!!

ぜひ、休日はアルプスワインでワインを楽しんでみてください♪

関連情報

アルプスワイン 基本情報

アルプスワイン 基本情報
社 名: アルプスワイン株式会社
所在地: 〒405-0068 山梨県笛吹市一宮町狐新居323-1
電話番号: Tel:0553-47-5881
営業時間: 9:00〜17:00 毎週水曜日休
HP: 公式ホームページ
    • IGPワインコンクール

南フランスのニーム市で毎年開催されるIGP(地酒)ワインの公式コンクールです。
生産者や醸造家、ソムリエ等が審査員となり700アイテム以上のワインを評価します。

    • インターナショナルワインチャレンジ

イギリスの首都ロンドンで毎年開催されるワインの国際コンクールです。
プロのテイスター(マスターオブワインや優秀ソムリエ等)が審査を行い、1次~2次審査を経て金賞が与えられます。

    • ヴィナリスインターナショナル

1994年より開催されている国際ワインコンクールです。3千種類ものアイテムが出品され、世界から募ったプロの醸造家が審査を行います
より厳格な品質の鑑定が行われ、金賞を受賞するのは僅か2%以下です。

    • ヴィニタリー5ツ星ワイン

イタリアで毎年開催されるイタリアワインを主力とした最大の展示会です。
展示会の開催前にプロのテイスターによる品評会が行われ、特に優秀なワインと評価されたものが、5ツ星のワインガイドに掲載されます。

    • ヴィニタリー国際ワインコンクール

イタリアで毎年開催される最大のワインの展示会です。開催前に醸造家やジャーナリスト等の専門家が世界のワインを審査、開催時に結果を発表します。
3千以上の出品数で賞状の付与は僅か2%のみです。

    • ヴィニュロンアンデパンダンコンクール

フランス国内で自社畑でぶどうを栽培し収穫から醸造、ボトル詰めして出荷するまで全て自ら管理する生産者のワインを対象に行われるコンクールです。
出品数は6千以上で2千人以上の専門家が審査します。金賞は10%以下です。

    • オランジュワインコンクール

1952年に創設されたフランス、ローヌ地方のワインを対象としたコンクールです。
毎年約3千アイテムの出品数で、ローヌワインの醸造家やソムリエ等のプロが審査を行います。
出品数に対して金賞は10%以下です。

    • ガンベロ・ロッソオスカー賞

イタリアで最も権威あるガイド誌【ガンベロ・ロッソ】が発行するベーレベーネ・ロー・コストです。
プロのテイスターが審査し、価格が13ユーロ以下のコストパフォーマンスに優れたワインにオスカー賞が与えられます。

    • コープワインコンクール

南フランスのワイン生産者組合が開催している品評会です。
30年以上の歴史を誇り、生産者、醸造家、ネゴシアンやジャーナリストを審査員に迎えブラインドにて評価を行います。
500種類以上の出品で金賞は約16%ほどです。

    • 国際スパークリングワインコンクール

2003年に開始された世界のスパークリングワインを対象とした品評会です。
シャンパンを含む600アイテム以上の出品があり、世界各国からワインに精通したプロのテースターが審査を行います。
金賞受賞比率は約5%です。

    • コルマールワインコンクール

フランス、アルザス地方のコルマール市で毎年開催されるアルザスワインを対象としたワインコンクールです。
出品数は、約千アイテムでアルザスワインを専門とするプロの審査員が評価します。金賞は出品数の約18%です。

    • サクラワインアワード

2014年から日本(東京)で開始されたプロの女性のみで審査をするワインコンクールです。
世界各国から4千以上のアイテムが出品されソムリエやジャーナリスト等がブラインドにて点数評価を行います。金賞比率は約25%です。

    • サンフランシスコ国際ワインコンクール

1980年より開始されたアメリカのサンフランシスコで毎年開催される国際ワインコンクールです。
4千アイテム以上の出品ワインを専門家が審査を行います。カテゴリー毎のトップ評価も記載されます。金賞の比率は約15%です。

    • シャルドネ・デュ・モンド

2003年より開催ているシャルドネ種のワインのみの品評会です。
世界中から600以上のシャルドネ種のワインが出品されます。
審査員はフランスのみならず世界各国からワインの専門家が参加します。金賞は僅か5%ほどです。

    • ジルベール&ガイヤール

1989年にフランスのパリで創刊されたワイン専門のガイド誌です。
毎年数回ソムリエを含むプロのテイスターが出品アイテムを試飲し採点を行います。評価点が80点以上を獲得したものに金賞が与えられます。

    • チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン

フランスで組織されたワインの研究機関である“インターナショナル ヴュー オブ ワイン”により毎年開催されるワイン品評会です。
プロのテイスターによる品質を重視したもので、金賞は生産者の名誉といえます。

    • パリ農産物コンクール

フランスのパリで毎年開催される農産物を対象とした最大のコンクールです。
カテゴリー毎にプロの審査員が配置され審査を行います。
ワインの出品数は1万アイテム以上で、金賞が与えられるのは全体の8%のみです。

    • フェミナリーゼコンクール

フランスのパリで2007年から毎年開催されている女性審査員のみのワインの品評会です。
ワインの業界から選ばれたプロの女性(ソムリエ、醸造家、業界関係者等)で4千種以上のワインを採点、金賞の付与は5%以下です。

    • ブリュッセル国際ワインコンクール

1995年にベルギーの首都ブリュッセルで創設された国際ワインコンクールです。
世界50カ国より9千アイテム以上が出品され醸造家やソムリエ、ジャーナリスト等で審査を行います。金賞は約5%、特別金賞は約1%です。

    • ブルゴンディアドールコンクール

1996年からフランス政府とEUの審査機関から公認されたブルゴーニュのワインを対象としたコンクールです。
審査員は、有名シェフやソムリエ、醸造家等で、出品数は800アイテム程です。金賞はその内15%ほどです。

    • ベルリンワイントロフィー

ドイツの首都ベルリンで毎年開催される国際ワイン品評会です。
世界各国から3千アイテム以上のワインをソムリエやネゴシアン、ワイン醸造家等が採点し、その合計点でメダルが付与されます。

    • ポルトガルワイントロフィー

ポルトガルのポルトで2014年に開始された国内最大の国際ワインコンクールです。
世界中からプロのテイスターが集まり1,800以上のアイテムを審査を行います。得点の高いものに金賞が与えられます。金賞比率は約10%です。

    • ボルドーコンクール

1956年にボルドー地方の農業商工会議所が創設して始まったボルドーワイン専門の品評会です。
審査員はボルドーワインの生産者、醸造家等の経験豊かなプロが行ないます。
4千以上の出品数で金賞を獲得出来るのは約10%です。

    • マコンワインコンクール

フランスのブルゴーニュ地方、マコン地区で開催されるワインコンクールです。
ギネスにも登録されている最大級のコンクールです。
9千アイテム以上のフランスワインが出品されワイン専門家が審査します。
金賞は僅か約8%です。

    • ムンドゥスヴィーニ

ドイツのノイシュタッドで開催される国際ワイン品評会です。40カ国以上の国から5千アイテム以上の出品されます。
ソムリエ、コンサルタント、ジャーナリスト等が試飲し採点、90点以上のアイテムに金賞が与えられます。

    • ラングドックルーションワインコンクール

1984年に南フランスのナルボンヌ市でワイン学者によって創設されたラングドック産のワインを対象としたコンクールです。
千アイテム以上の出品アイテムをプロの審査員が評価し、金賞は出品数の約4%ほどです。

    • リヨン国際ワインコンクール

フランスの美食の都市、リヨン市で毎年開催されている国際ワインコンクールです。
6千種類以上のワインが世界から出品されます。
醸造家、ソムリエ、生産者等のプロが審査を行います。金賞は約13%です。

    • ワインスペクテイター

世界で最も購読されている米国のワイン専門誌です。
雑誌の企画で世界のワインをプロのテイスターによる評価を行っています。
高評価のものに100点満点で点数を与え、トップ100やベストバリュー等で掲載される。

    • パーカーポイント

ワイン評論家 ロバート M. パーカー, Jr.氏が自ら創刊した「ワインアドヴォケイト」誌にて評価する、
100点満点で表すワインの評価法です。

    • ワインエンスージアスト

アメリカのワイン雑誌「ワインエンスージアスト」による、100点満点で表すワインの評価法です。
また、毎年その年のベストバイトップ100を発表します。

    • デキャンター・ワールドワイン・アワード

イギリスのワイン雑誌「デキャンター」による国際ワインコンクールです。
金賞(ゴールド)・銀賞(シルバー)・銅賞(ブロンズ)を決定します。
金賞の中から地域ごとのリージョナル・トロフィー、
さらにその中でも優れたワインにはインターナショナル・トロフィーが授与されます。

    • 日本ワインコンクール(旧国産ワインコンクール)

国産原料ぶどうを使用した日本ワインの品質と認知度の向上を図るとともに、各産地のイメージと日本ワインの個性や地位を高めるために開催されるコンクールです。金賞、銀賞、銅賞、奨励賞が授与されます。2015年4月に「日本ワインコンクール」に名称変更されました。

    • 日本で飲もう最高のワイン

国産・輸入の区別なく、日本国内で飲めるワインの中から最も美味しいワインを 探すことを目的に、
ワイン専門家だけでなく、一般ワイン愛好家も審査員に加えた、さまざまな視点が反映されるワイン品評会です。

笛吹エリア

笛吹エリア

スズラン酒造工業

ワイナリー名
スズラン酒造工業
住所
山梨県笛吹市一宮町上矢作866
電話番号
0553-47-0221
営業時間/定休日
8:30〜17:30/年末年始
公式サイト
ホームページへ

矢作洋酒

ワイナリー名
矢作洋酒
住所
山梨県笛吹市一宮町上矢作606
電話番号
0553-47-5911
営業時間/定休日
9:00〜17:00/不定休
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、矢作洋酒へ! #1

南アルプスワイン&ビバレッジ

ワイナリー名
南アルプスワイン&ビバレッジ
住所
山梨県笛吹市一宮町上矢作191-1
電話番号
0553-47-6550
営業時間/定休日
8:30〜17:30/土日祝日
公式サイト
ホームページへ

ルミエールワイナリー

ワイナリー名
ルミエールワイナリー
住所
山梨県笛吹市一宮町南野呂624
電話番号
0553-47-0207
営業時間/定休日
9:30〜17:30/年末年始
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、ルミエールワイナリーへ #1

モンターナスワイン

ワイナリー名
モンターナスワイン
住所
山梨県笛吹市一宮町千米寺1040
電話番号
0553-47-0491
営業時間/定休日
8:00〜17:00/年中無休
公式サイト
ホームページへ

北野呂醸造

ワイナリー名
北野呂醸造
住所
山梨県笛吹市一宮町新巻480
電話番号
0553-47-1563
営業時間/定休日
8:30〜16:30/不定休
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、北野呂醸造へ! #1

新巻葡萄酒

ワイナリー名
新巻葡萄酒
住所
山梨県笛吹市一宮町新巻500
電話番号
0553-47-0071
営業時間/定休日
9:00〜17:00/年中無休
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、新巻葡萄酒へ! #1

アルプスワイン

ワイナリー名
アルプスワイン
住所
山梨県笛吹市一宮町狐新居323-1
電話番号
0553-47-5881
営業時間/定休日
9:00〜17:00/水曜・奇数週火曜・年末年始
公式サイト
ホームページへ

日川中央葡萄酒

ワイナリー名
日川中央葡萄酒
住所
山梨県笛吹市一宮町市之蔵118-1
電話番号
0553-47-1553
営業時間/定休日
8:00〜17:30/年末年始・不定休
公式サイト
ホームページへ

勝沼醸造(金川ワイナリー)

ワイナリー名
勝沼醸造(金川ワイナリー)
住所
山梨県笛吹市一宮町塩田1720
電話番号
0553-47-3232
営業時間/定休日
10:00〜16:00/不定休
公式サイト
ホームページへ

ニュー山梨ワイン醸造

ワイナリー名
ニュー山梨ワイン醸造
住所
山梨県笛吹市御坂町二之宮611
電話番号
055-263-3036
営業時間/定休日
8:30〜17:00/土日祝日
公式サイト
ホームページへ

八代醸造

ワイナリー名
八代醸造
住所
山梨県笛吹市八代町北1603
電話番号
055-265-2418
営業時間/定休日
9:00〜16:30/年中無休
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、八代醸造へ! #1

モンデ酒造

ワイナリー名
モンデ酒造
住所
山梨県笛吹市石和町市部476
電話番号
055-262-3161
営業時間/定休日
8:30〜17:00/年末年始
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、モンデ酒造へ #1

本坊酒造(マルス山梨ワイナリー)

ワイナリー名
本坊酒造(マルス山梨ワイナリー)
住所
山梨県笛吹市石和町山崎126
電話番号
055-262-1441
営業時間/定休日
9:00〜16:30/年末年始
公式サイト
ホームページへ

関連情報

【山梨ワイナリー訪問記】いざ、マルス山梨ワイナリーへ #1

笛吹ワイン

ワイナリー名
笛吹ワイン
住所
山梨県笛吹市御坂町夏目原992
電話番号
055-263-2299
営業時間/定休日
9:00〜17:00/年末年始
公式サイト
ホームページへ

アルプスワイン近隣情報

全元号紹介

  • 大化
  • 白雉
  • 朱鳥
  • 大宝
  • 慶雲
  • 和銅
  • 霊亀
  • 養老
  • 神亀
  • 天平
  • 天平感宝
  • 天平勝宝
  • 天平宝字
  • 天平神護
  • 神護景雲
  • 宝亀
  • 天応
  • 延暦
  • 大同
  • 弘仁
  • 天長
  • 承和
  • 嘉祥
  • 仁寿
  • 斉衡
  • 天安
  • 貞観
  • 元慶
  • 仁和
  • 寛平
  • 昌泰
  • 延喜
  • 延長
  • 承平
  • 天慶
  • 天暦
  • 天徳
  • 応和
  • 康保
  • 安和
  • 天禄
  • 天延
  • 貞元
  • 天元
  • 永観
  • 寛和
  • 永延
  • 永祚
  • 正暦
  • 長徳
  • 長保
  • 寛弘
  • 長和
  • 寛仁
  • 治安
  • 万寿
  • 長元
  • 長暦
  • 長久
  • 寛徳
  • 永承
  • 天喜
  • 康平
  • 治暦
  • 承保
  • 承暦
  • 永保
  • 応徳
  • 寛治
  • 嘉保
  • 永長
  • 神亀
  • 承徳
  • 康和
  • 長治
  • 嘉祥
  • 天仁
  • 天永
  • 永久
  • 元永
  • 保安
  • 天治
  • 大治
  • 天承
  • 長承
  • 保延
  • 永治
  • 康治
  • 天養
  • 久安
  • 仁平
  • 久寿
  • 保元
  • 平治
  • 永暦
  • 応保
  • 長寛
  • 永万
  • 仁安
  • 嘉応
  • 承安
  • 安元
  • 治承
  • 養和
  • 寿永
  • 元暦
  • 文治
  • 建久
  • 正治
  • 建仁
  • 元久
  • 建永
  • 承元
  • 建暦
  • 建保
  • 承久
  • 貞応
  • 元仁
  • 嘉禄
  • 安貞
  • 寛喜
  • 貞永
  • 天福
  • 文暦
  • 嘉禎
  • 暦仁
  • 延応
  • 仁治
  • 寛元
  • 宝治
  • 建長
  • 康元
  • 正嘉
  • 正元
  • 乾元
  • 嘉元
  • 徳治
  • 延慶
  • 応長
  • 正和
  • 文保
  • 元応
  • 元亨
  • 正中
  • 嘉暦
  • 元徳
  • 元弘
  • 正慶
  • 建武
  • 延元
  • 暦応
  • 興国
  • 康永
  • 貞和
  • 正平
  • 観応
  • 文和
  • 延文
  • 康安
  • 貞治
  • 応安
  • 建徳
  • 文中
  • 天授
  • 永和
  • 康暦
  • 弘和
  • 永徳
  • 元中
  • 至徳
  • 嘉慶
  • 康応
  • 明徳
  • 応永
  • 正長
  • 永享
  • 嘉吉
  • 文案
  • 宝徳
  • 享徳
  • 康正
  • 長禄
  • 寛正
  • 文正
  • 応仁
  • 文明
  • 長享
  • 延徳
  • 明応
  • 文亀
  • 永正
  • 大永
  • 享禄
  • 天文
  • 弘治
  • 永禄
  • 元亀
  • 天正
  • 文禄
  • 慶長
  • 元和
  • 寛永
  • 正保
  • 慶安
  • 承応
  • 明暦
  • 万治
  • 寛文
  • 延宝
  • 天和
  • 貞享
  • 元禄
  • 宝永
  • 正徳
  • 享保
  • 元文
  • 寛保
  • 延享
  • 寛延
  • 宝暦
  • 明和
  • 安永
  • 天明
  • 寛政
  • 享和
  • 文化
  • 文政
  • 天保
  • 弘化
  • 嘉永
  • 安政
  • 万延
  • 文久
  • 元治
  • 慶応
  • 明治
  • 大正
  • 昭和
  • 平成
  • 令和
山梨ワインドットノム編集部は、【自称山梨ワイナリー観光大使】を役職に【醸造家徹底応援!】を掲げ活動をしております。
素人だからこそ感じる、ワインに対しての率直な感想を始め、ワインの基礎知識、山梨の美味しいお店などの情報を案内します。情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、各ワイナリーサイトの情報をご確認下さい。
各ワイナリーへのお問い合わせは、各ワイナリーサイト記載された方法でお問い合わせ願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です