お祝いで恥をかきたくない! 《スパークリングワインの開け方!?》

スパークリングワインにも知られざる開け方が!?

師匠

さて、次はスパークリングワインじゃな。
最近スパークリングワインにも興味あるんですよ!

編集長

師匠

ほお、それはなぜじゃ?
なんですかね、響きがかっこいいからですかね。笑

編集長

師匠

ホストみたいじゃな。
元No,1ホストですから〜

編集長

師匠

あれ、信じてないですね。

編集長

師匠

信じられないからのう。
真実はいつも一つですよ。

編集長

師匠

全然話が噛み合っておらんな。
それこそ真実です。笑

編集長

スパークリングワインとシャンパンは違う!?

師匠

話を戻そう。一応じゃが…スパークリングワインとシャンパンの違いは大丈夫じゃろな?
え?そりゃもちろん?

編集長

師匠

ゆーてみい。
ごめんなさい・・・

編集長

師匠

はああ。
身体も大人、頭脳は子供じゃなあ。
一本!座布団一枚!

編集長

師匠

ばかもん!次回以降に、機会があったら教えてやろう。
ありがとうございます!

編集長

留め具???

師匠

まず、スパークリングワインの留め具に関してじゃが、なんて言われているか知っておるか?
留め具・・・ストッパー!!!笑

編集長

師匠

それは絶対違うじゃろ。笑
ですよね・・・

編集長

師匠

ストッパーといえば野球の抑え投手だったりじゃろ?的外れもいいところじゃ。
( ;∀;)

編集長

ミュズレ??

師匠

答えは、ミュズレじゃ。
初めて知りました。。。

編集長

師匠

ふっ。まだまだだね。
(今度はテニスの王子様!?)

編集長

正しい開け方を知ろう!

師匠

さて、本題じゃな。

ステップ1

ポイント①
キャップシールを剥がすんじゃ。
できました!楽っすね!

編集長

師匠

よし、では次じゃ。

ステップ2

ポイント②
針金部分を解くのじゃ。
できました!

編集長

師匠

よし!次じゃ。

ステップ3

ポイント③
針金部分が緩んでもすぐには外さないのじゃ。
コルクと一緒に握って、片方の手でボトルの底を持つのじゃ。
できました!どやっ!

編集長

師匠

はい!次じゃ。
(冷たい!!)

編集長

ステップ4

ポイント④
コルクを固定したまま、ボトル側をゆっくりと回転させるのじゃ!
でき、あ、あれ?なんか違和感が・・・

編集長

師匠

じゃろな。それは、ガス圧じゃ。気をつけるのじゃ。

ステップ5

ポイント⑤
コルクが動くようになると、ガス圧を感じるようになるのじゃ。
飛び出さないようしっかりと力をいれるのじゃ!
難しい、抜けそうで抜けない。。。

編集長

師匠

力加減は大切じゃ。コルクを飛ばさぬようにな。。。
できたあああ!紳士感ありました?

編集長

師匠

いんや。ださかった。笑
それは、音が静かだったからですよね?

編集長

師匠

んーそうじゃな…音を立てればいいってわけではないぞ?
なるほど?

編集長

師匠

たしかに、お祝いやパーティなどでは鳴らすこともあるがな。つまりじゃ、TPOの理解は大切ということじゃ。
練習します!

編集長

シャンパンとスパークリングワインの違い!?

山梨ワインドットノム編集部は、【自称山梨ワイナリー観光大使】を役職に【醸造家徹底応援!】を掲げ活動をしております。
素人だからこそ感じる、ワインに対しての率直な感想を始め、ワインの基礎知識、山梨の美味しいお店などの情報を案内します。
情報は、記事執筆時点のものとなります。詳しくは、各ワイナリーサイトの情報をご確認下さい。
各ワイナリーへのお問い合わせは、各ワイナリーサイト記載された方法でお問い合わせ願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です